ジャガイモのきた道

読んだ本の感想。

山本紀夫著。2008年5月20日 第1刷発行。



短期間で食文化を変えるじゃが芋について。

第1章 ジャガイモの誕生
じゃが芋は、ナス科の植物でありソラヌム属(1500種以上あって約150種が芋をつける)であって、栽培種は7種ほど。世界で広く栽培されるのは1種。

近縁の種はペルーからボリビアにかけての中央アンデス高地に集中する。凍結と解凍を繰り返す毒抜き技術の開発がじゃが芋の食化を可能にした。栽培化は紀元前5000年頃と推定される。

第2章 山岳文明を生んだジャガイモ
人骨に含まれる蛋白質を分析すると、古代南米のチャウカヤン期(紀元前2200年~紀元前1800年)、ワバリウ期(紀元前850年~紀元前460年)、ハナバリウ期(紀元前390年~紀元前200年)の食事の多くはじゃが芋であり、玉蜀黍等は食糧の20%であったと思われる。

じゃが芋を干して長期貯蔵可能にしたチーニョによる文明化の可能性。インカ帝国最盛期の人口は1000万人以上で、2/3が山岳地帯に居住したとされ、じゃが芋の可能性は高い。

スペイン人の記録には、魚や海鳥の糞を肥料として灌漑を整備した玉蜀黍農耕と、人糞や家畜の糞を肥料にした山岳農耕が記録されているらしい。

第3章 「悪魔の植物」、ヨーロッパへ
1570年前後にじゃが芋はスペインに渡ったとする。高緯度地方での収穫量は少なかったが、1665年にはパリに姿を現し、18世紀に発生した幾度かの飢饉を通じて普及していく。

ドイツでは18世紀末から本格的にじゃが芋栽培が始まり、それまで黒パン中心だった食生活が、19世紀半ばにはじゃが芋中心になっていく。

<アイルランド>
16世紀末に導入され、北緯50度を超える高緯度であり、紀元前8000年頃の洪積世まで氷河で覆われていたために土壌が薄く、じゃが芋栽培に適していた。1754年には約320万人だった人口は、1845年には約820万人にまで急増。19世紀半ばの大飢饉では損害を被り、100万人が犠牲になったらしい(1911年の人口は440万人、アイルランド系の人口は全世界で7000万人程度らしい)。

第4章 ヒマラヤの「ジャガイモ革命」
著者が取材したチベットのパンカルマ村の話。

1969年のヒマラヤ登山解禁以降、多くの登山客がヒマラヤを訪れ、現金収入によって牛が購入され、肥料が得られるようになった事で生産性の高いじゃが芋品種が導入された。

1970年代にはネパールのじゃが芋開発プロジェクトが始まり、1975年には30万tだった収量が、2006年には197万tにまで増加。

<インド>
1960年頃からじゃが芋の大量栽培が始まり、2006年の生産量は年間2400万tで、中国、ロシアに次ぐ世界第三位のじゃが芋大量生産国。冷涼な冬に栽培時期が集中する。

第5章 日本人とジャガイモ
最上徳内が1786年に蝦夷地に渡った際にじゃが芋を持参し、虻田で栽培させている。

高野長英(1804年~1850年)は、救荒作物として、気候不順でも育つ蕎麦と、暴風雨に強いじゃが芋の組合せを『救荒二物考』で勧めている。

明治以降は特に北海道での栽培が盛んになり、日清戦争を経て発展した紡績業が糊の需要を高め、じゃが芋の澱粉工場が多く作られた。そのブームは第一次世界大戦後に終結し、第二次世界大戦後の第二次ブーム(製飴原料)も終わった。

食物としてのじゃが芋が一般に普及するには、淡泊な味を活かすために、肉と一緒に食べる方法を発明する必要があったらしい(肉じゃがやコロッケ、カレー等)。

第6章 伝統と近代化のはざまで
現在の南米における伝統的食生活について。

全食事の半分以上をじゃが芋が占めるとする。栄養分の大半が澱粉である事を補うために、肉類が用いられる。玉蜀黍は低地部の主作物で儀礼上の酒の材料等になる。

終章 偏見をのりこえて
じゃが芋に対する偏見の一つに、栄養素の多くが澱粉であるというものがあるが、中くらいのじゃが芋一つで、推奨一日あたりのビタミンC摂取量の1/5、カリウムの1/5を含む。

問題なのは80%近くを占める水分で、栄養を得ようと思えば、大量のじゃが芋を食べる必要がある(アンデス高地の農民は一回に1kg程度のじゃが芋を食べる)。

人気ブログランキングへ

元素生活

読んだ本の感想。

寄藤文平著。2015年3月30日第1刷発行。



以下は、著者のHPへのリンク。

http://www.bunpei.com/

以下は、本書のHPへのリンク。

https://www.kagakudojin.co.jp/book/b193685.html

元素は、原子の種類を表す分類名。原子は「原子核」とその周囲を巡る「電子」から出来ている。「原子核」は陽子(プラス)と中性子(マイナス)という粒子を帯びていて陽子と同じ数だけの電子を持つ事が出来る。

元素の性質は、概ね以下の14に分ける事が出来る。き周期表の縦の列:族が基本。

①アルカリ金属
第1族(一番左端)の内、水素を除く6個の元素。金属だが柔らかい。

②アルカリ土類金属
第2族に属する金属元素。酸素や水分と反応する。カルシウムが代表格で、土類とは岩石中に多く存在するという意。

③遷移金属
第3族~第11族までの金属元素。最も数が多い。

④亜鉛族
第12族の水銀、亜鉛、カドミウム。蒸発して気体になり易い。

⑤ホウ素族
第13族に位置する5個の元素。アルミニウムが代表格。

⑥炭素族
第14族に位置する5個の元素。炭素やケイ素、鉛、ゲルマニウム等。

⑦窒素族
第15族に位置する5個の元素。

⑧酸素族
第16族に位置する5個の元素。硫黄、セレン、テルルは鉱石の主成分となっていることから、カルコゲン(石を作るもの)とも呼ばれる。

⑨ハロゲン
第17族に位置する5個の非金属元素。反応性が高く、アルカリ金属やアルカリ土類金属と塩を作る。

⑩希ガス
第18族に属する6個の元素。沸点や融点が低く、特にヘリウムは絶対零度でも固体にならない。稀なガス。

⑪ランタノイド
周期表におけるランタンからルテチウムまでの15の元素。希土類元素とも呼ばれる。

⑫アクチノイド
周期表におけるアクチニウムからローレンシウムまでの15の元素。

⑬その他
第2族のベリリウムとマグネシウムはアルカリ土類金属と同じ並びにあるが、炎色反応を示さない等の違う性質がある。

⑭特別枠
水素やCn、Fl、Lvなどの詳細が分からないもの?

********************

周期表は、元素を軽い方から順番に並べると、周期的に似た性質の元素が現れる事に着目し、縦列に似た性質の元素を並べ、横行が下に行くほど原子量が大きく成るように表にしたもの。

著者はスーパー元素周期表として、固体・液体・気体を体で、原子量を体重、発見された年を年齢、性質・使用用途は背景や服で表現している。

・宇宙を構成する元素:水素71%、ヘリウム27%
・太陽を構成する元素:水素95.1%、ヘリウム4.8%
・地球を構成する元素:鉄34.6%、酸素29.5%、ケイ素15.2%
・海水を構成する元素:酸素85.9%、水素10.8%、塩素2.0%
・地殻を構成する元素:酸素49.5%、ケイ素25.8%

人気ブログランキングへ

フィネガン辛航記/フィネガンズ・ウェイク

読んだ本の感想。

柳瀬尚紀著。1992年8月20日 初版印刷。



以下は、Wikipediaの「フィネガンズ・ウェイク」の記事へのリンク。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%8D%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%AF

駄洒落や独特の表現のみで構成される『フィネガンズ・ウェイク』を日本語訳した時の苦労譚。

「駄弁るの塔(バベルの塔)」や「ダンテいしがたい(断定しがたい)」、「今も度失せぬ(コンモドゥス)」等の言葉。

『フィネガンズ・ウェイク』には六十数ヵ国語が使用されているが、日本語も使用されているとする。

「shitateyar(仕立て屋)」や「samurai-sed(侍)」等。日本語は同音異義語が多いため、六十数ヵ国語を日本語だけで訳出出来たという主張。

ジェイムズ・ジョイス著。1991年9月30日 初版発行。



『ヘーゲル・エッシャー・バッハ』の元ネタの一つだと思う。

人気ブログランキングへ

アスペルガー症候群及びその周辺の子どもたち

読んだ本の感想。

尾崎洋一郎 他著。2005年5月10日 初版発行。



正常範囲の子供から障碍児までは連続した存在で、ここからが異常であると線引きする事は出来ない。

〇意思疎通
言葉が沢山出る事と意思疎通が出来る事は別の問題で、相手の状況を考えたり、場の雰囲気を感じたり、相手がどのように感じるのかを察する力が弱いと意思疎通が困難になる(表情、身振り、手振りの読み取り)。

〇社会性
一般に共有される「常識」を持たないと、社会のルールを守るという社会性が欠如した状態になる。

〇限定された興味
注意が一部に限定されると、時と場合に応じた対応が出来なくなる。

自閉症児における想像力の欠如とは、「推し量る事」であり、過去の経験を組み合わせて新しい心象を作る事は可能。

<自閉症の世界>
自閉者は、周囲の情報に意味を持たせる事が困難であるため、先の見通しを立てたり、周囲で起っている事を理解する事が難しい場合がある。

〇視覚的理解
見えない音声よりも、視覚的情報に安心感である。言葉で物事を考えるよりも映像で考える方が容易。以下は、視覚的に説明出来ない概念の例。

①抽象
正直、親切、協力、幸福等。

②時間
時刻を読めても、時間に流れがあり、始まりと終わりがある事を理解困難。

③空間
空間に境目が無く、教室も廊下も同じに感じられる。それぞれの空間に意味付けがなされ性格が異なる事が分からず、時間によって空間の性格が変更される事も理解困難。

④感情
悲しみ、怒り、悪意等。

そのため、具体性があり、歴史年号のように常に一定である事を記憶し易い。規則性の無いものに意味を齎すのは想像力であるが、想像力が弱いと限定された範囲に興味が集中する。

<自閉症者の会話>
以下の特徴。

①一部に反応する
会話の一部分に囚われ、文脈理解が難しい。例えば、自閉症児に公園の絵を見せて、「これは何の絵か?」と尋ねると、ブランコ、滑り台等の固有物を答える場合がある。

②理路整然
曖昧が分かり難いため、理屈っぽく聞こえる。

周囲で発生している事が理解出来ないと、そこから脱け出す見通しも無いため混乱する。

そのため、自閉症者との会話においては、早目に変化の予告を行い、一度に提示する情報を少なく、要点だけを伝えるようにする。曖昧な言い方でなく断定する。また、同じ話を繰り返す時は不安感が強い場合がある。

人気ブログランキングへ

自閉症・アスペルガー症候群とこだわり行動への対処法

読んだ本の感想。

白石雅一著。2008年12月16日 第1刷発行。



以下は、生活と拘り行動把握のためのレーダーチャートの項目。

①拘り
拘り行動全体の強さを、「激しく強い、強い、時々、無い」で評定する。

②拡大性
拘り行動が一つの事物だけに集中せずに拡大してく頻度。

③他に楽しみが無い
拘り行動だけが楽しみである度合い。

④知的遅れ
知的レベルが低い場合、発達全体を底上げする必要がある?

⑤やりとりが出来ない
⑥困り度

以下は、個別の拘り行動を分析するための6項目。

①強さ
②頻度
③継続期間
最近始まった行動ならば変更は比較的容易。

④マンネリ度
自分の拘り行動に飽きている場合がある。

⑤持続期間
⑥変更が利かない

自閉症者の多くが表す拘りには、①変えない、②始めない、③止めないという三つの特徴がある。始めないとは、新しい状況を拒む事であり、過去を延々と繰り返す。

変わらなければ安心と思い込んでいるので、変えないための行動を起こす。

〇常同行動
本人が作り出した感覚的刺激を自分に向けて繰り返し与える。

〇儀式行動
何かの目的を遂行する過程で、必ず一定の行為が生起される。

拘りは放置していると増殖し、思考パターンをも規定していく。放置・放任していると、周囲の変化に対して過敏になって怯え続ける状況にもなる。

自閉症者の拘りには同一性を保ち続けたい欲求があり、情緒の制御を調整する事が大切。

<乳幼児>
乳幼児の自閉症者の場合、離乳食を与える頃から拘りの片鱗が見え始め、著しい好き嫌いを示す。母乳よりも複雑な味を持つ刺激によって情報量が増えた事による。

叱って食べさせるのでなく、味加減を変えて、少しでも乳児が食べれば褒めて、食べた味加減の離乳食を提供するよう心掛ける。生後八か月頃には、「自分で食べたい」という挑戦が見られ、手掴みで食べようとするため、叱るのでなく子を誘い提案して様子を見る。興奮状態を冷ます事が大切。最後の一口だけはスプーンを使用して介護者が食べさせる等、限定された条件を作り拡大していく。

<児童期:6歳~12歳>
児童になると幼児期に顕在化した拘りが継続し、問題化する。弱者への攻撃的拘りが生じ易く、学級外の視線に触れないと、拘り行動が当たり前になる危険性がある。

<青年期:12歳~24歳>
これまでの人間関係が拘りに反映されるようになり、ファンタジー世界と現実世界が調整されていく。周囲から認められない場合は精神不安が高まる。

<成人期>
定着や代替の時期。この頃までに拘りを趣味だけに留めるレベルに自覚する必要がある。

拘りを受け止めた上で、丁寧に言い聞かせ、安心させて他の手段を提示する。新規を提案する場合は、視覚化された形式で提示し、それが当然になったところで使用を勧誘する。

変化に対応するために、食べ物の形を変える等で変化に慣れさせる事も重要で、それらが積み重なる事でメンタルリハーサルになり、日常の些細な変化にもパニックになり難くなる。

定型に拘る気持ちを利用し、最初に完成図を示して、パズルの表面の絵を完成させるような課題設定も可能。代替という戦略もあり、自閉症児が水の遊びに拘る場合、風呂場清掃や米研ぎ等の日常生活に置き換える。

拘りには自閉症者の強い意思が込められており、大きなエネルギーを伴うが故に、自閉症者を見て、待ち、我慢させる事も出来る。それを上手く調整すれば、自閉症者を管理する事も可能になる?

人気ブログランキングへ
プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード