FC2ブログ

コンビニ人間

読んだ本の感想。

村田沙耶香著。2016年7月30日 第一刷発行。



2015年の話?

古倉恵子(1979年~)は幼少期から社会常識が分からず、大学時代にバイトを始めたコンビニのマニュアルに従い、同僚達の言動を真似る事で自己を形成していた。

ある日、古倉が勤めるスマイルマート日色町駅前店にて、婚活目的で白羽という男性がアルバイトを始め、客へのストーカー行為で解雇される。

その後、偶然、白羽と再会した古倉は、互いに無職・独身である事から、社会規範に従っていない不都合を解消するため、白羽と同棲を始める。

当初は周囲の反応に安心していたものの、コンビニの同僚達が仕事の話でなく、色恋の話をするようになった事に居心地の悪さを感じてアルバイトを辞め、白羽を養うために派遣社員になろうとするものの、コンビニ店員としての自分を捨てられずに、アルバイトでもないのにコンビニで仕事を始めてしまう。

結局、白羽とは別れたようだ。

二歳下の妹 麻美には悠太郎という子供がいる。

P54:
変な人って思われると、変じゃないって自分のことを思っている人から、根掘り葉掘り聞かれるでしょう?
(中略)
皆、変なものには土足で踏み入って、その原因を解明する権利があると思っている

P85:
「白羽さんは、縄文時代の話が好きですね」
「好きじゃない。大嫌いだ!

P88:
皆が不思議がる部分を、自分の人生から消去していく。それが治るということなのかもしれない

P139:
全てを、コンビニにとって合理的かどうかで判断していた私は、基準を失った状態だった

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード