FC2ブログ

黒後家蜘蛛の会2

読んだ本の感想。

アイザック・アシモフ著。1978年7月14日 初版。



1 追われてもいないのに
投稿したコラムが二年間も雑誌掲載されない小説家モーティマー・ステラーの話。コラムには、編集者夫人が塩を食べたがらない話があり、編集者ジョエル・バーコヴィッチが循環器の病気だった亡妻に塩を食べさせて死期を早めた事を気にしている可能性を指摘する。

2 電光石火
スパイのスミスが物品を受け渡す方法について。レストランのドアマンにチップを渡す際に物品も渡していたとする。

3 鉄の宝玉
宝石商ラティマー・リードの話。曾祖父が海外から送付した鉄球(隕石)を五百ドルで購入したいと言った男の理由を考える。鉄球の小包が1856年に香港から発送されており、希少な切手が貼られていた。

4 三つの数字
核融合理論が記された金庫の暗証番号を考える話。研究者のレフゾフが精神病になってしまったため、「12R2715」というメモ書きから暗証番号を考え、Rが(right)の略であるなら、「1」に見えるのはl = Left(左)で番号錠を左に回す意味だとする。

5 殺しの噂
ロシア人デリュアシュキンが公園で殺人計画の話し合いを聞いたと主張する。トールキンの『指輪物語』の一節を聞き間違えていた。

「影横たわるモーダーの国に。一つの指輪は、すべてを統べ、」

上記のモーダーをマーダー(殺し)と取り違え、ベル(リング)を鳴らして暗い所に縛り付けておくと解釈してしまった。

6 禁煙
人事部長ヒラリー・エヴァンズの相談。

煙草の吸い方で人間を判断していたが、社員であるウィリアムズとアレックスの二人を昇進試験した際、ウィリアムズの煙草の吸い方が下手であったためにアレックスを推挙したが、アレックスが横領をして不審死したために悩んでいる。

煙草を吸い慣れていないはずのウィリアムズがマッチを巧みに操った事から、昇進で恩を売ったウィリアムズがアレックスを唆した可能性を示唆する。

7 時候の挨拶
妻がグリーディングカードを集めるレックスフォード・ブラウンの話。「ブラウン 354 CPS 21C NYC 100119」という簡素なカードを妻が受け取った事から妻が不機嫌になっている。

グリーディングカードが家に送り届けられたものでなく、ドアマンから取ったものであるため、スパイの通信であるかもしれない。

8 東は東
叔父ハスケルからの遺産で悩むラルフ・マードックの話。六つの都市(アンカレッジ、アセンズ、オーガスタ、カントン、イーストン、バース・アンボイ)の内、一つを当てれば五万ドルを受け取る事が出来る。ヒントは、「唯一無二の東」。

バース・アンボイのあるニュー・ジャージーは、かつてイースト・ジャージーとウェスト・ジャージーに分割されており、バース・アンボイはイースト・ジャージの首府だった。イースト・ジャージーは州の名にイースト(東)が付いた唯一の地域。

9 地球が沈んで宵の明星が輝く
ジャン・セルヴェの相談。映画の設計におけるクレーターの名前でパートナーと揉めている。バイィ(Bailly)というクレーター名が、パートナーの亡妻と不倫していたマーティン・ベイリーを思い起させたためとする。

P248:
あの、マニーの友だちみたいな。……ええと、何と言ったかな……アシモフ

10 十三日金曜日
クーリッジ大統領暗殺未遂という架空の事件を基に、暗殺企図で処刑されたジョゼフ・ヘネシーの話をする。

十三日の金曜日に書いた「計画の機が熟した」という手紙が証拠となった。手紙には、「来月には十三日の金曜日が無い四十年の奇蹟とも書かれている」

以下の表では、Lを閏年として四年毎にあり、曜日をA~Gまでを日曜日から土曜日まで対応させる(金曜日はF)。

L123L123L123L123L123L123L123L
曜日ACDEFABCDFGABDEFGBCDEGABCEFGA


閏年と曜日の周期は28年毎に回る事が示される。英国とその植民地がグレゴリオ暦を採用したのが1752年であり、1896年~1904年までの間、誤差調整のために閏年が無かったため、四十年間も閏年が無かったのは、暗殺事件前の1920年であり、ジョゼフ・ヘネシーの手紙には証拠能力が無かったとする。

11 省略なし
ジェイムズ・レミンスターの伯母の兄が、「アンナブリジッド本」に隠したという切手を探す。アンナブリジッドとは省略されていない(アンカット本)という意味であるが、アンカット本には化粧断ちをしていない本という意味もあり、家にあるアンカット本を探す事にする。

12 終局的犯罪
シャーロック・ホームズのファンクラブ会員として、敵役モリアーティー教授の論文「小惑星の力学」の内容を考える。

火星と木星の間にあった惑星が爆発したという説があり、地球も同様に爆発させる方法を研究したとしてみる。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード