FC2ブログ

パラークシの記憶

読んだ本の感想。

マイクル・コーニイ著。2013年10月10日 初版印刷。



以下は、「ハローサマー、グッドバイ」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-3391.html

前作から数十世代後の世界の話。惑星名がステイルスである事や、主人公達の外見が、小柄だが地球人とほぼ同じである事が示される。

物語世界はキリスト教神話のようになっている。アダムとイヴ、カインとアベル、エジプト脱出、ノアの箱舟等のエピソードを参考にしたと思われる展開が続く。

主人公ハーディは、他人を見下しているわりに間抜けで感情的な人物だが、前作の主人公アリカ・ドローブの直系子孫で潜在的に記憶を引き継いでいる事が影響し女性から好かれるらしい。

<社会>
大規模な国家は消滅しており、人々は村落毎に農業(根掘り虫)、漁業(水掻き持ち)等を行っており、村落内では男と女に分かれて生活し、別々に村長がいる。ステイルス人は受胎時に同性の先祖の記憶を引き継ぐように変化しており、引き継いだ記憶が多いほど共同体での地位が高くなる。記憶による支配は効率が良い反面、常識や慣例を疑わせ難くする欠点がある。

<キキホウホウ>
地球人以外の宇宙航行種族。遺伝子組み換えによって様々な生物を作り出し、惑星を改造する。ステイルスにおいては洞窟牛という地上の植物から栄養を摂取して生命を養う地下生物を移植し、「ハローサマー、グッドバイ」における寒冷期において人々は洞窟牛の中で生き延びた。

その際に人々の遺伝子が記憶力を強くするよう改造され、キキホウホウにとって好ましい形態に惑星を改造するよう動機付けられた。やがて、温和なロリンが人間型生物の後継となるとされる。

<地名・登場人物>
〇ヤム
狩猟・農業によって生計を立てる村。寒冷期に伴う不作によってノスの村に援助を要請している。

ハーディ:
主人公。17歳。ヤムの男村長の甥。始祖であるアリカ・ドローブの記憶まで遡る事が可能。

ブルーノ:
ハーディの父親。ヤムの男村長の二歳上の兄。ハーディの母スプリングとは未だに仲が良い。

スタンス:
ヤムの男村長。実は先祖からの記憶を引き継いでおらず、それを隠したままブルーノの補佐によって男村長をしている。ブルーノと喧嘩をした事で補佐されなくなる恐怖からブルーノを殺害し、ブルーノの記憶を引き継いでいるハーディも殺害しようとする。
カリスマ性があり、寒冷期を宗教によって乗り切ろうとする。息子のトリガーの評判は悪い。

ワンド:
ヤムの女村長。22世代の記憶を遡る。娘の名はファウン。

シリー・メイ:
16歳。先祖からの記憶を引き継いでおらず、柔軟な発想が可能。育樹者としてイソギンチャク樹(動物を捕食する)やコップ樹(雨水を蓄える)を苗木畑で育てており、その理由は地下の洞窟牛を育てるためと指摘する。

〇ノス
漁業によって生計を立てる村。

ロネッサ:
ノスの女村長。ブルーノを気に入り、ヤムへの援助を後押しする。

チャーム:
ロックスの娘。ハーディと恋仲になる。

ウォールアイ:
ノスの男村長。高齢で身体が悪く、息子に実権を握られている。

カフ:
ウォールアイの息子。傲慢という評判だったが、ウォールアイから男村長を引き継いで以降、成長したらしい。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード