FC2ブログ

舟を編む

読んだ本の感想。

三浦しをん著。2011年9月20日 初版1刷発行。



甘ったるい話だと思った。

2011年~2026年の話?

『大渡海』という辞書を十五年かけて編纂する話で、辞書は言葉の海を渡る舟だとする。

株式会社玄武書房 馬締光也(27歳~42歳)を中心に、辞書編纂に命をかける荒木公平(1962年~)や軽薄だが誠実な西岡正志、編纂開始13年目から辞書編纂に関わる事になる岸辺みどり等の視点から辞書作りが語られる。

途中で、馬締光也は板前の林香具矢と結婚する。子供はいないようだ。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード