FC2ブログ

ハーバード集中力革命

読んだ本の感想。

エドワード・M・ハロウェル著。2016年10月20日 初版印刷。



以下は、評価テストへのリンク。

https://hbr.org/web/assessment/2014/11/why-cant-you-focus-at-work

以下は、著者のWebサイトへのリンク。

http://www.drhallowell.com/crazy-busy/

以下は、集中力に欠ける六つの型。

①デジタル依存症
インターネット接続中毒になっている。電子機器に電源を入れた時間、切った時間をメモする等して電子機器の使用時間を把握し、使い過ぎの場合は時間を定めて電子機器を使うようにする。

②マルチタスク
同時に複数の仕事を行って効率が悪い。二つ以上の課題に集中する事は不可能。自分の能力不足を認めて断る事を覚えるべき。

③アイデアホッピング
アイデアが沢山あり、どれも最後まで出来ない。アイデア実現を手助けしてくれる友人が有効。

④心配性
不安を解消するために時間を浪費する。

以下のヒント。

・孤独に心配しない
・事実を把握する(想像で怖がらない)
・計画を立てる
・計画が失敗したら見直す
・専門家の力を借りる
・定期的な運動
・瞑想
・全体像を掴み、どれだけの数の心配があり、
 実際に発生し得る事を考える
・自制出来ているという気分を増やす

⑤おせっかい焼き
他人の要求を優先して時間が足りない。スケジュールに自分のための時間を入れておき、他人の頼みに無条件に応答するのでなく、「少し考えさせて下さい」と応答するようにしてみる。自分の世話をする事は利己主義とは違う。

人生は混沌であり、思想は生から身を守り、現実を追い払う効果がある。幻想的な思想を捨てて、自己を迷える者と自覚するべき。

⑥ヘマばかり
本当のADHD。ADHDについて学び、瞑想、運動、食生活、睡眠等を整える。

<集中力のための基本戦略>
①エネルギー
脳はエネルギー供給が途絶えると機能しない。何もしていない時でも脳は活動しており、充分な睡眠や栄養が必要。

②感情
肯定的な感情が集中力につながる。自分の呼吸に意識を集中する瞑想には感情を整える効果がある。3分~5分の瞑想を一日に二、三回するだけで良い。

③エンゲージメント
興味や意欲に溢れた状態。気分転換に新しい事をしてみる等。即席脳トレーニングとして、25コマある表を作り、一コマに一つ、1~25までの数字をランダムに書き、素早く1~25まで叩き、逆に25~1まで数える等。

④仕組み
時間を形作る方法。計画やスケジュール、優先順位を決める。
以下は、目標を定める仕組みの作り方。

・短期目標
1日の目標を3つ立てる。

・中期目標
二週間以内の目標を3つ立てる。

・長期目標
一年以内の目標を3つ立てる。

・生涯目標
一生の目標を立てる。

・進捗評価・見直し
定期的に目標を見直して確認する。

⑤コントロール
自分で時間の使い方を決める。







人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード