FC2ブログ

星降り山荘の殺人

読んだ本の感想。

倉知淳著。1999年8月15日第1刷発行。



以下、ネタバレ含む。

名作と言われる作品だけど納得がいかない終わり方だった。

話が長くて登場人物が多過ぎるので、殺人事件と登場人物の数を半分にして個々のキャラクターを深く描写した方がすっきりする。

作者が、中年男性が若い女性にチヤホヤされる場面を書きたかったために登場する人物が目立つように感じるのは、女子大生二人組が不自然に移り気なのに、ヒロインが冷静だからだと思う。

【状況】
埼玉県奥秩父にあるオートキャンプ場に小説家やUFO研究家等が宿泊する。不動産開発の絡みで新規顧客獲得のための宣伝文を書くために現地の雰囲気を味わう目的。

12月だが吹雪のためにオートキャンプ場は外界と隔絶し、外部と連絡出来ない中で殺人事件が発生し、犯人を推理していく。

【登場人物】
杉下和夫(27歳):
広告制作を行う「センチュリー・アド」の社員。課長補佐に暴行したために、芸能マネージャーに左遷され、星園詩郎の付き人になる。

星園詩郎/桶谷留吉(31歳):
スターウォッチャーを自称するベストセラー作家。岡山県遠宇部郡字東野で九年前に発生した殺人事件に疑問を持ち、情報を集めるために高額納税者になろうとしている。

岩岸豪造(51歳):
不動産開発会社ヤマカンムリ開発株式会社社長。

財野政高(38歳):
ヤマカンムリ開発株式会社 経理課次長。節約のため妻から煙草代を削減されている。

草吹あかね/朝子(36歳):
小説家。存在がほとんど空気。

早沢麻子(25歳):
草吹あかねの秘書。小柄。草吹あかねの本名と同名であるため、まあ子と呼ばれる。

嵯峨島一輝(43歳):
UFO研究家。奇妙な格闘技を使う。

小平ユミ(20歳):
女子大生。やや小柄。周囲に計算された色気を振りまくらしい。

大日向美樹子(21歳):
女子大生。大柄。すっぴんはあっさりしている。

*****************

事件①
岩岸豪造がコテージの中でピッケルで殴り殺される。コテージの周囲の雪原にミステリーサールのような模様が残される。

事件②
財野政高が管理棟の中で絞殺される。

犯人は星園詩郎で、同性愛的愛人関係にあった「センチュリー・アド」の社長 池ヶ谷良彦が、岩岸豪造に騙されて損失を被り、業務上の背任行為の証拠を押さえられているために殺害したらしい。

自分のコテージから持ってきたピッケルで岩岸豪造を殴った後、岩岸豪造のコテージのピッケルと入れ替えようとしたが、形状が違い、壁の煤の跡から入れ替えが露見すると思い、雪で壁を洗い、雪を集めた跡がミステリーサークルだった。

杉下和夫が、殺害される前の岩岸豪造がコテージ内で携帯電話で話しているのを、誰かと会って話していると誤認したために、犯行時刻を誤魔化せると思った。

財野政高は、不正が記されたノートと一緒に携帯電話を持ち去ったために殺害し、携帯電話を処分した。

****************

星園詩郎が調査したいと言っていた岡山県の事件は何だったんだろう?

早沢麻子は、岩岸豪造や財野政高が、晴れた日に地上と連絡を取っているとか株式市場が気になると言っていた事で携帯電話の存在に気付いたと言っているけど、どうしてもっと早く指摘しなかったの?

ピッケルの形状がコテージ毎に違う事を失念していたとか、警察が本格的に調査すれば判明しそうな穴だらけのトリックなので、もっと計画的に殺害しないの?

と、様々な疑問が渦巻いてしまった。

終盤で同性愛者である事を指摘された星園詩郎が犯行を自白し、唐突に格闘技の達人である事になった嵯峨島一輝に取り押さえられるのもご都合主義だと思う。

P277:
「中華風お好み焼きもどき」というべきシロモノが出来上がった。どういうわけか大量にあった小麦粉を、卵の残りで混ぜて、胡麻油と醤油で焼いたものである。具は缶詰めのツナとグリーンピース

P365:
『土性骨』、浪速あきんどの豪放一代記―変わったものを読んでいたのだね

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード