FC2ブログ

死神の浮力

読んだ本の感想。

伊坂幸太郎著。2013年7月30日 第一刷。



以下は、『死神の精度』の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-3411.html

前作から引き継いだ課題「悪意への対処」がテーマだと思う。

世間に溢れる悪意に対処するため、他とは異なる悪人の存在を仮定し、悪人を徹底的に虐待する事で憎悪を排泄する。

作品世界における矛盾は、マスコミ関係者等の悪意を持つ一般人の存在を認めながらも、25人に1人しかいないサイコパスが諸悪の根源と断じている事にある。マスコミが露悪的な報道をするのは一般庶民が悪を好むからであり、サイコパスがいなくなっても悲劇はなくならないはず。

作品世界における本城崇は憎悪されるために作り出された生贄であり、異常な幸運と高い能力を持ちながら、非論理的な行為を繰り返し、最後には地獄へ落とされる。

本城崇の内面描写は最後までなされない。彼の悪意は周囲の推測によってのみ成立する。山野辺遼と本城崇、悪魔はどちらだったのか、二通りの読み方がある。

DAY01
死神 千葉が小説家の山野辺遼(35歳)、山野辺美樹夫妻の家を訪れる。調査対象は山野辺遼で、一週間後に彼が死ぬか調査する目的がある。

夫妻は9歳になる娘 菜摘を殺害した本城崇(28歳)が裁判で無罪になった事に憤り復讐を目論んでいる。本城崇はサイコパスであり、事件後に犯人は自分だと山野辺遼に伝えている。

本城崇が無罪になったのは、轟貢という路上撮影者が、本城崇と山野辺菜摘が仲良く話している場面を録画したフィルムが証拠物件として提示されたためである。

千葉は、本城崇が藤沢金剛町ロイヤスホストの3505室にいると伝える。

DAY02
山野辺夫妻と千葉が藤沢金剛町ロイヤスホストにて本城崇を襲撃するも逃げられる。

DAY03
千葉は同僚の死神 香川とコンタクトし、香川が本城崇の担当である事を知る。

山野辺夫妻は轟貢から連絡され、爆破トラップが仕掛けられた自動車に閉じ込められている轟貢を発見する。山野辺夫妻もろとも爆破する予定だったらしいが、千葉が爆弾を取り外す。

轟貢は本条崇に篭絡されて、彼に都合の良い録画を行い、無罪になるよう裁判資料として提出していた。

山野辺夫妻は本条崇が浜離宮恩賜庭園に来るという情報を入手して庭園に向かうが、待ち伏せしていたレイコンコートの男達に拉致されてしまう。

DAY04
拉致された千葉は拷問されるが動じず、拘束を解いて脱出してしまう。

千葉は山野辺夫妻に本城崇が猿塚町の佐古という男性の家にいると伝え、そこに向かう。佐古家は監視カメラで監視されているため、食事配達サービスを装って潜入する事にする。

DAY05
佐古家に潜入するが、佐古は毒物を飲まされて死にかかっていた。本城崇の目的は山野辺夫妻を殺人者として逮捕させ、苦しめて楽しむ事にあるらしい。

思惑はあたり、監視カメラに残された映像から山野辺夫妻は高齢者 佐古に毒物を飲ませた容疑者として報道される。

千葉は、同僚の香川から、還元キャンペーンによって本城崇に20年の寿命を付与する事を伝えられる。

DAY06
午前七時半に、山野辺遼のスマートフォンに本条崇から連絡があり、担当編集者の箕輪を拉致したと伝えられる。本城崇は、午後九時半に拘束した箕輪を爆弾で吹き飛ばすとして、それまでに「蕎麦の白萩」に来るよう脅迫する。

千葉の異常な聴覚により、箕輪の拘束場所が饅頭屋なつみの近くである事を知った山野辺夫妻は、先回りして箕輪を救出する。

山野辺夫妻は、本城崇が奥多摩の水源に青酸カリを撒いて、その罪を山野辺夫妻にきせようとする事を知り、蕎麦屋で本城崇と対決する。

本城崇は逃げ出し、千葉が運転するママチャリによって山野辺遼は本城崇を追跡し、毒の散布を阻止する。本城崇は自動車に乗ったまま湖の底に転落する。

DAY07
千葉は、同僚の香川から本城崇が20年の寿命を付与されたために、奥多摩の湖の底で死ぬ事も出来ずに、20年間苦しみ続ける事を伝えられる。

結局、山野辺遼は死亡し、20年後のエピローグでは50代半ばになった山野辺美樹が幼稚園で働く場面が描かれる。

P95:
世の中の気の利いた台詞は全部、パスカルが言ったんじゃないの

P182~P183:
浮力の強さって、重さと関係ないんだって
(中略)
氷は姿を消すけれど、全体の量は変わらない。人間の死と似ている
(中略)
死んだ人のことを結構、みんな憶えてるでしょ、人間って。だから、そういう形で残ってる

P237:
救いがない作品のたちが悪いのは、すごそうだと勘違いされることなんです
(中略)
もともと黒いのに、黒くしてどうするんですか

P239:
うっかりミスには寛容に。規則違反は厳罰に

P304:
ぼくは、自分の名前を相手に刻み込みたい性格なんです。『誰だっけ』と問われることのないように、決して忘れられない印象を残したい

P363~P364:
穏やかな日常は退屈を生む。その退屈さが、不安を生み出す。『このままでいいのか?』とな。何も起きていないというのに集団は怯えはじめる。もしくは、退屈が起きる。どちらにせよ、起きるのは抗争や戦争だ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード