FC2ブログ

「職場の発達障害」最新事情

週刊ダイヤモンド 2018/03/10 P112~P127から。

自閉症スペクトラム症は成人の約1%、注意欠如・多動性障害は2.5%~3.4%の割合で存在すると言われる。しばしば、両者を同時に発症し、思春期以降は気分障害等を伴うので症状は人によって異なる。

遺伝の影響があり、自閉症の場合は一卵性双生児では一致率が80%~90%(自閉症に関わる遺伝子は少なくとも800あると言われる)で、両親共に注意欠如・多動性障害だと子供が同様である確率は54%上がるとされる。

<発達障害者への接し方>
①構造化して伝える
「伝えたい事は〇個あり、一つ目は□□を◆に変える。理由は▼▼だから。二つ目は……」という風に要件の数、結論、理由を箇条書きのように言う。

②視覚的に指示する
メールや文章、図を使用する。

③具体的な数値で伝える
「少し待って」 → 「五分待って」

④見本を示す
⑤前提を取り払う
「言わなくても分かる」は通じない。

⑥フィードバックする
「○○は出来ている。次は●●をする」というような伝え方。

<ビジネスツール>
パソコンを立ち上げた時に、グーグルカレンダーが自動的に開くよう設定する等の工夫。

段取りには小型カレンダーや小型ホワイトボードを使う。

自閉症スペクトラムの場合、メモを取る時に大事な事が判別出来ない事があり、メモの量が膨大になる事がある。エバーノート等の電子的手段でメモを保存しておけば、編集や検索に便利。

*******************

以下は、「株式会社ウチらめっちゃ細かいんで」のWebサイトへのリンク。

https://mechakoma.com/

COO(最高執行責任者)の山瀬氏は、注意欠如・多動性障害の診断を受けているらしい。発達障害について配慮や環境整備で対応しているらしい。

他に書道家 武田双雲氏の話。発達障害者の中には芸術的才能がある人もいる。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード