FC2ブログ

スローターハウス5

読んだ本の感想。

カート・ヴォネガット・ジュニア著。1978年12月31日 発行。



良く分からない話だった。

以下は、Wikipediaの『スローターハウス5』の記事へのリンク。

https://ja.wikipedia.org/wiki/スローターハウス5

自らが従軍した第二次世界大戦欧州方面の伝記を書こうとするビリー・ピルグリムが主人公。

1967年にトラルファマドール星人に拉致され、彼等と同じように過去、現在、未来を感知出来るよう改造される。トラルファマドール星人は、宇宙が終了する時限と理由を知っており、粛々と終わりを受け止めている。

未来は過去と同じように、変える事の出来ない必然となる。

P86:
神よ願わくばわたしに
変えることのできない物事を
受けいれる落ち着きと
変えることのできる物事を
変える勇気と
その違いを見分ける知恵とを
さずけたまえ

ビリー・ピルグリムが変えることのできないもののなかには、過去と、現在と、そして未来がある

本作は著者の以下の作品とリンクしているらしい。

①プレイヤー・ピアノ
自動化された未来社会の革命の挫折を描く。

②タイタンの妖女
宇宙の真理が一つになる時間等曲率漏斗に飛び込み、全知の存在となった男ラムファードに操られたコンフォードが、火星、水星、タイタン(土星の衛星)へと旅を続け、人類がトラルファマドール星人に操られていた事を知る。

③猫屋敷のカナリヤ
ナチス・ドイツ宣伝省で出世し、終戦後にイスラエル政府に捕らえられたハワード・W・キャンベル・ジュニアの話。ナチスの同調者ではなく芸術家。

④猫のゆりかご
新興宗教ボコノン教と世界の破滅の話。フリーランスの作家が、『世界が終末をむかえた日』(広島原爆投下日に米国の重要人物が何をしていたかを記録したノンフィクション)を書こうとした時に世界が終末を向かえる。

⑤ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを
アルコール中毒の大富豪エリオット・ロースウォーターが周囲の人間に無償の愛を与えようとするが、それは狂気の行為だった。SF作家キルゴア・トラウトが登場。

*****************

『酔歩する男』(小林泰三)は、本作を参考にしたらしい。

以下は、「やる夫は酔歩する男のようです」へのリンク。

https://rss.r401.net/yaruo/site_list/archive_list/3192

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード