FC2ブログ

シュークリーム・パニック

読んだ本の感想。

倉知淳著。

以下、ネタバレ含む。

生チョコレート
2013年10月7日 第一刷発行。



〇現金強奪作戦!(但し現地集合)
派遣やバイトで食いつなぐ男性が、サクラダと名乗る男性から競馬場で銀行強盗に勧誘される話。六峰銀行 桜台支店で強盗を名乗るが、サクラダは現れずに逃げ出す。桜台支店は陽動で、サクラダは同日の六峰銀行 大泉支店での強盗を成功させたようだ。

〇強運の男
マトリョーシカに擬えて、バーで出会った男性と賭け事をしていく話。硬貨の裏表、骰子の数字、トランプの数字、三つのダイス、ポーカーとゲームを進めていき、最後はどちらかが毒を飲む。

賭けを持ちかけた男性は、強運の持ち主と戦った後で、勝った場合は非合法のカジノに行くらしい。

〇夏の終わりと僕らの影と
1979年頃の話。

信州の高校二年生 久遠夏彦は、クラスメイトの百合川京子、新田香澄、瀬尾拓真、乾深雪と夏休みを利用して映画撮影する。

最後に百合川京子の遠景を撮影したところ、百合川京子が行方不明になる。サプライズで他のメンバーと示し合わせ、久遠夏彦の誕生日ケーキを持って来るところだった。

Wクリーム
2013年11月6日 第一刷発行。



〇限定販売特製濃厚プレミアムシュークリーム事件
40代の四谷博之は、メタボ克服合宿セミナーに参加する。

合宿メンバーは、他に一木、二ノ瀬、三条がいる。合宿中に、セミナー講師 十津川のシュークリームが盗まれる。四谷は、一木(犯人は暗闇の中で椅子に躓いているのに、灯となるライターを持っている)、三条(アイスクリームが好きなのに、冷凍庫を開けた形跡が無い)、二ノ瀬(冷蔵庫の帯封を知っていた)と推理していき、十津川が所持品検査を名目に、社員証を盗んで会社の機密情報をコピーしようとしたとするが、実際には二ノ瀬が何も考えずにシュークリームを食べていた。

〇通い猫ぐるぐる
主人公が、刑事である恋人の満久の推理を手助けする。

大規模な脱税事件にからんで、有名大企業の下請けの下請けの会社を経営する浜尾賢造の暗証番号(四桁の数字)を推理する。飼い猫の切った爪の数が暗証番号を示していた。

〇名探偵南郷九条の失策 怪盗ジャスティスからの予告状
ライトノベル小説家 鈴木の持っている『制服魔導少女隊!ななみ♡マジカル』の色紙が落書きされた事件を推理する。探偵助手の尾田倉準一が、鈴木のブログで書いた文章が気に入らずにやったらしい。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード