暗号少女が解読できない

読んだ本の感想。

新保静波著。2012年10月30日 第1刷発行。



暗号がつまらない。

東京から真昼ヶ崎という土地に、両親の再婚によって引っ越した主人公が様々な女性から好かれまくる話。

沢渡遥(メインヒロイン、暗号好き)、野々崎岬(後輩)、西村知子(中学二年生、妹)、中瀬和希(幼馴染)とヒロインが五月雨式に登場する。

セリフの、「一番最初の文字」と「一番最後の文字」を抜き出して繋げるとか、文章の斜め読みとか、回文で一つしかない文字を抜き出して繋げるとかの手間がかかる割に、爽快感の無い暗号をひたすら解き続ける。

そのため、主人公は驚異的な記憶力によって、セリフを全て記憶している設定。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード