海の世界史

読んだ本の感想。

中丸明著。1999年12月10日第一刷発行。



第1章 海の遊牧民
フェニキア人について。

旧約聖書の「タルテッソスの船」やヘロドトトスやホメロスの記述もあるが、フェニキア人による自分達の記録は無い?紀元前20世紀に遡って北アフリカやスペインに植民したらしい。

最古の記録は、紀元前1475年頃の物と推定されるエジプトのフレスコ画で、セム系と思われる人々が乗った船が描かれている。さらに紀元前1200年頃のパピルスには、フェニキア人が地中海東岸の交易を掌握している様が記録されている。

第2章 地中海の興亡
古代ギリシア人にとっては、ジブラルタル海峡が地中海世界の境界線で、イベリア半島が世界の西端であると考えていたらしい?

地中海文明は、地中海東岸のエーゲ文明(紀元前3000年頃~紀元前1200年頃に栄える)であるが、それは以下の二つに分けられる。

①クレタ文明(ミノス文明):最盛期は紀元前1600年頃
②ミケーネ文明(紀元前1400年頃~紀元前1200年頃)

上記の両文明は、紀元前1400年頃に南下したインド・アーリア人と、紀元前1200年頃に南下したギリシア人によって滅ぼされたとする。

ギリシア人は紀元前750年頃にフェニキア文字からギリシア文字を発明し、やがて地中海はローマ帝国によって支配される。

第3章 「東方見聞録」の世界
マルコ・ポーロが中国から帰国した際には、南中国の泉州から、ペルシャ湾のホルムスを経由した。アラビア海を抜ける交通路は、紀元前2世紀頃に季節風が発見されて利用可能になったらしい。

同時期には十字軍も幾度か行われており、欧州世界が農村社会成立による膨大なエネルギーを蓄えていた事を示す。

第4章 インド航路の発見
北方のピレネー山脈によって欧州本土と隔絶され、三方を海に囲まれたスペインとポルトガルが大航海時代の先陣を切った。

第5章 新世界への到達
コロンブスに端を発する新大陸征服について。

1485年以前にアロンソ・サンチェスという男が新大陸の島々を発見しており、その死の直前にマデイラ島でコロンブスが情報を得たという話がある。

第6章 ヴァイキング
8世紀~11世紀はヴァイキングの時代とされる。

834年にはフランク王国を襲撃し、886年には王都パリをデーン人が襲う。858年頃からはイベリア半島も襲撃しているがイスラム教徒に撃退されている。

999年にはシチリア島を征服した。南イタリアも含めて両シチリア王国を建国している。その文化の特色はサラセン文化とビザンティン文化の折衷にあるらしい。

第7章 大航海が変えた食文化と世界地図
新大陸がもたらした唐辛子や玉蜀黍、芋の影響について。

第8章 襲いかかるキリスト教
日本でキリスト教が禁教に至る過程について。

サン・フェリーぺ号事件:
1596年にスペインの航路船サン・フェリーぺ号が土佐の浦戸湾に漂着。積荷が奉行の増田長盛に接収され、憤激したフランシスコ・デ・オランディーアが、「我らが王は修道士を派遣し、土地の住人をキリスト教徒にし、信者が増えたら軍隊を送って国を奪う」と言ったらしい。

報告を受けた豊臣秀吉は、1597年に、フランシスコ修道会派の宣教師6人と日本人信者20人を検挙し、長崎の西坂の丘で処刑した。

第9章 鎖国への道
1588年のアルマダ海戦によってスペイン艦隊が敗れると、オランダによるアジア進出が盛んになり、1595年にはジャワに到達した。

日本ではキリスト教布教は禁じたいが、銀精錬法、大船建造法については興味があり、宗教的情熱の薄いオランダと交易を望んだとする。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード