符堅と王莽

読んだ本の感想。

小前亮著。平成24年4月20日 初版第1刷発行。



四世紀頃の中国を舞台に、多民族が平等に暮らす国家建設を目指す符堅の挫折を描く。

以下は、Wikipediaの「前秦」の記事へのリンク。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E7%A7%A6

氐族:
前秦を建国した民族。中国西北部を拠点とする遊牧民族 羌族と同民族だった。早くに甘粛や四川の山岳地帯から中国内地に移住し農耕化した。漢化が進んでおり、漢語で会話をする。

【登場人物】
符堅(338年~385年、在位:357年~385年):
中国北部にある前秦の君主。多民族共生国家建設を目指す。

王莽(325年~375年):
符堅の側近。王景略とも言う。灌漑設備修復や道路建設、皇帝への兵権集中等の改革を行う。

鄧羌:
前秦の将軍。

姚萇(331年~394年):
羌族の部族長として前秦に仕えるが、後に叛乱を起こす。

慕容垂(326年~396年):
前燕の皇族(鮮卑族)。前秦に仕えるが、淝水の戦いにおける敗北後に独立する。

【あらすじ】
〇王莽獲得
360年頃に王莽が符堅に仕えるようになり、献策によって前秦が発展する。

P45:
符堅は増強した軍を使って街道の整備と建設をおこなった。同時に、用水路を掘り、荒地を開墾して農地を増やす。集権的な体制造りと呼応するように、街道は長安から放射線状に延ばされた

〇前燕との戦争
370年に、前秦が前燕に侵攻する。前燕からの亡命者 慕容垂の活躍。

P121:
大軍を用意すれば、それだけ補給の負担が増します。指揮官の目のとどかない範囲も増えますから、国力や将軍の質がともなわないまま、兵士の数を増やすのは、逆効果になる恐れもございます

〇東晋との戦争
383年に、前秦が東晋に侵攻し、淝水の戦いで大敗する。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード