ドングリと文明

読んだ本の感想。

ウィリアム・ブライアント・ローガン著。
2008年9月1日 初版一刷発行。



温暖化が急速に進んだ紀元前1万年頃の世界において、中緯度温帯域の森林地帯でドングリを食料とする文化が生まれ、それが農耕文明に繋がっていくという仮説?

造船や皮なめしに活用する他、建材やインク、家畜の餌にも活用出来る。

オーク(ナラ/カシ/ドングリの木):
ブナ科コナラ族。広葉樹で北半球の亜熱帯から亜寒帯に広く分布。落葉樹が中心だが、照葉樹林泰に分布する種は常緑樹となり、ドングリが実る。

ドングリ文化という用語を考案したデイヴィッド・ヘインブリッジ(カリフォルニアのドングリ文化圏を研究)は、1000人の集落では、三週間の労働で二年~三年分の食料となるドングリを収穫出来たとする。

しかし、人口が増加していくと、燃料や建材として木材が使用され、オークの樹林帯は衰退したらしい。有史以降まで生き残ったドングリ文化は、カリフォルニア先住民文化のみ。

〇コピス・アンド・スタンダード
紀元前4000年頃の欧州で考案された森林管理システム。
森林をスタンダード(家屋、船等の耐力構造に用いる樹木)とコピス(定期的に伐採する萌芽木)に分けて、スタンダードは50年~100年に一回、コピスは5年~25年毎に地面の高さで伐採して活用した。

コピスはオーク、トネリコ、サンザシ、ハシバミ、ハンノキ、ニレ等の広葉樹であったらしい。

一コード(薪の計量単位で、幅1.2m、高さ1.2m、長さ2.4mの一山)のオークの木材は、2300万BTUの熱を発し、これは二等級の灯油100ガロン(約379ℓ)に相当するらしい。

鉄一トンを生産するには木炭84トンが必要で、ローマ・ブリテンのウィールド地方にあった六つの製鉄所では、120年~240年に9万トンの鉄が製造され、そのためには750万トン = 3万3571ヘクタール(ウィールド地方の森林の9%)の森林が破壊されたはずだったが、コピスの森林管理システムのため、それほど樹木は破壊されなかったらしい。ブリテン島の低地地方の森林の半分は、鉄器時代の到来からローマ占領までの700年間に鋤を使った農業で破壊されたとする。

〇造船
オークは強くて比較的軽く、丸太の周囲から中心に向かう放射組織に沿って割る事が出来るため加工し易く船材として活用された。
五世紀~六世紀には板を合わせて鉄材で留めて船の形に曲げる方法が見つけられた。

竜骨(細くて高さのある木の幹)、外板(丸太を割って作る)、厚板(喫水線に張る)、骨組み(船体にかかる応力を分散)。

森のオークは他の木と競いながら成長するため、まっすぐに高く伸びる傾向があり、かなりの高さまで枝が無いため、外殻から造る船に必要な長い厚板の材料となった。

ヴァイキング船の材料の90%は厚板で、骨組み材は10%だったが、近世に造られたフリゲート等の戦列艦の75%は骨組み材で10%程度が厚材。18世紀の欧州で平均的な戦列艦を作るには約24.3ヘクタール分の樹齢100年オークが必要だったらしい。

〇皮なめし
オークの樹皮を粉にしたものを動物の皮と一緒に水に浸すと、成分のタンニンが皮の腐食を防ぎ、皮をしなやかにする。

最高のタンニン樹皮は、樹齢25年~30年くらいのオークの樹皮を、春に剥いで作った。外樹皮を取り除き、内樹皮を石臼で細かく挽く。

皮なめしは以下の手順で行う。一年程度の時間が必要で、防水性を備え、腐食しない革になる。

(1)こすり
獣皮を水に漬けて柔らかくしてから、裏面をこすって脂肪や肉を削ぎ取る。

(2)石灰水
皮を石灰水に漬けて毛を抜け易くして、こすって皮を落とす。毛や表皮、裏側の肉質が取り除かれ、真皮(蛋白質が網目状に繋がった組織)が残る。

(3)アンモニア
皮を、鶏糞と水を混ぜた溶液に浸す。数日の間に二、三回、こすって溶液に戻すのを繰り返す。アンモニアが皮に残った石灰と反応して取り除かれ、皮の毛穴が開く。

(4)タンニン
皮をタンニンの溶液に浸すと、タンニンが皮の空隙部分に入り込み、コラーゲンと架橋構造を作る。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード