いい人ランキング

読んだ本の感想。

吉野万理子著。2016年8月30日 初版発行。



クラス投票によって「いい人」の一位になった主人公が、「いい人」として良い様に扱われるようになり、別の人間を「いい人」として推薦する事で、いじめから逃れる。最後は皆の良い所を指摘し合い、ましな雰囲気にする。

【登場人物】
木佐貫(小川)桃:
中学二年生。母親が病院長と結婚した事で、いじめの対象となったらしい。

木佐貫(小川)鞠:
中学一年生。桃の妹。全校的に流行した、いい人ランキングでクラス選出されるも、実は不満がある&周囲への感謝で乗り切ったらしい。

尾島圭機:
中学二年生。木佐貫姉妹に、いじめについてアドバイスする。小学校五年生の時に、同級生を交通事故に巻き込もうとしたところ、後ろから突き飛ばしたと嘘の密告をされて、いじめられていた。

池松沙也子:
二年一組のボス。小学校の時は、くじ引きで月毎に無視される人間を決めていた。病院長の娘となった木佐貫桃に嫉妬して、いい人ランキングを利用してパシリにする。

知奈津:
二年一組一の美人。沙也子の友人だったが、後にいじめるようになる。

片山友亜:
木佐貫桃の小学校時代の友人だったが、いじめられるようになると距離を取るようになる。沙也子がいじめられるようになると、全てを沙也子のせいにして主人公の友人に戻る。

P86~P87:
一日に一回、何か面白いことを言う。一日に一回、何かクラスのやつが知らない知識とかネタとか披露する
(中略)
面白いことを言うやつと、知らないことを知ってるやつは、いじめにくい。ただ、出し過ぎると疎まれるから、ほんのちょっとずつ小出しに。みんなが知らない知識は、先制同士の関係とか、身近な話がベストだけど、そういうの知らなければ駅前の店がどう、みたいな話とか、芸能人の話とか、そんなんでもいい。逆に、それ系のくだらない噂話、あたし嫌いなんだよね、って顔してると反感買う

P135:
『いい人』の化けの皮を剥いでやりたい。剥げないのならば、『いい人』ぶり過ぎてウザい、という方向で少しずつ追いつめていきたい

P155:
オウムもまた、自分のことを嫌っていたのだという事実が、圭機には新鮮だった。こいつはバカで、ただおれの言うことを繰り返すだけの使えないやつだと思っていた。けれど、彼が言うには「圭機のことが怖くて怖くて、とにかくいじめられないように必死で機嫌を取っていた」とのことだ

P189:
ふたりとも、まるで自分は桃とずっと普通に接し続けてきたかのように、沙也子のことばかり批判する

P198:
次の鬼を決めないと、前の鬼は抜けられないんだよ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード