けむたい後輩

読んだ本の感想。

柚木麻子著。2012年2月25日 第1刷発行。



この話がどのように構想され、何が書かれているのか読み終わってから暫し悩んだ。

著者が考える女性の幸福について書かれた本だと思う。その本質は主体性の喪失にあり、他人が羨望する何かを無自覚的に奪う事で成立する。

登場人物は、羽柴真美子(才能)、増村栞子(過去の栄光)、浅野美里(努力)に分けられる。

増村栞子のつまらない彼氏が、浅野美里に簡単に惚れてしまう場面が多い。意図的に行うと悪者になってしまう。無自覚でなければならない。

羽柴真美子は才能や幸運によって他人が羨望する男や地位を手に入れていくが、それらは他者の嫉妬や羨望によって記述され、羽柴真美子自身の内面は描写されないため、圧倒的な虚無が感じられる。

増村栞子に対する崇拝は、無自覚的な演技であり、ラストの「煙草消してもらえませんか」という科白は、学生時代の演技の終焉を意味しているのだと思う。

羽柴真美子は、本当には増村栞子の才能を信じておらず、無邪気の自分を演じるための舞台装置として増村栞子が必要だったのだと解釈する。

【登場人物】
増村栞子:
ヘビースモーカー。聖フェリシモ女学院に通う。翻訳家 増村栄一郎の一人娘。14歳で『けむり』という詩集を出版し、中等部時代から蓮見教授と交際しているが浮気され、卒業後はフリーターになる。
中高時代は周囲から羨望されていたため、大学時代以降は凡庸になってしまった自分を持て余している。

羽柴真美子:
肺が弱い。増村栞子の一年後輩。実家は四十五代続く大地主の家系。多方面に天性の才能を持っている設定で、卒業後は脚本家になる。

以下は、Wikipediaの「澁澤龍彦」のページへのリンク。羽柴真美子は、一ヶ月で澁澤龍彦の著作を全て読破したらしい。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BE%81%E6%BE%A4%E9%BE%8D%E5%BD%A6

浅野美里:
羽柴真美子の友人。アナウンサーを目指して努力しているが、第一志望には受からず、地方局のアナウンサーになる。

真美子、とりこになる(一年生篇)
羽柴真美子と増村栞子が出会う。

浅野美里は、羽柴真美子の心酔が気に入らず、増村栞子を見学するために他学部の講義に出席したところ、増村栞子の恋人である蓮見教授から恋文を受け取ってしまう。

浅野美里は、恋文を見せびらかして増村栞子を笑いものにするが、羽柴真美子の信望は揺るがない。

P48:
あの頃の自分は十分魅力的だったのだ。変わりたくない、という気持ちと、取り残されているのかもしれない、という不安が交互に入り交じる

真美子、とりのこされる(二年生篇)
聖フェリシモ大学の伝統行事「七夕祭」のミスコンに浅野美里が出る話。

ストーカー騒動のためにミスコンは有耶無耶になる。

この章は女性の願望が描かれていると思った。羽柴真美子は、ミスコンのMCを務める芸人コンビ『ピロートークス』の村西(22歳、長身、ハンサム)の初恋の相手であり、村西は羽柴真美子に再会するためにMCを引き受けた事になっている。そして、羽柴真美子はミスコンの最中にストーカーと戦った事で英雄になる。

P99:
都合よく妄想される。少しでも意に添わなければ、ひがまれ、糾弾される。そうした茨の道を彼女は歩んでいくのだろう

P108:
栞子の趣味ってさ、もろ『ユリイカ』読者じゃん。個性派気取るわりには、趣味が安全パイなんだよ。金で買える個性っていうの?矢川澄子とか萩原朔太郎が大好きでさ。映画はゴダールでしょ

P128:
フクゾーのシャツとスカート、ミハマ商会のローファー、化粧気のない白い頬。真美子にはまだまだ少女でいて欲しい。せめて自分が完全に大人になるまでは。いつだって、彼女を守れる自分でいたいのだ

真美子、トリコロール(三年生篇)
増村栞子と羽柴真美子が、教え子を妊娠させたためにフランスに国外逃亡した蓮見教授を探して大学主催の美術研修旅行に参加したが、蓮見教授は結婚していた。

増村栞子はフランスで黒木隆一(26歳、カメラマン志望)と出会う。

羽柴真美子は偶然撮った写真が萩尾有春監督から評価され、「水沢マリカ主演 水底に眠る街」のポスターに羽柴真美子の写真が採用される。悔しがる黒木隆一。

真美子、鳥になる(四年生篇)
増村栞子は日大大通りの書店「CANEL」でフリーターになり、男子学生ばかりの職場で姫になる。

黒木隆一はカメラマンから脚本家志望に転身しているが、『猿でも書ける!シナリオ初級編』を読んだだけの羽柴真美子がテレビドラマ青空シナリオコンクールで優勝する。

増村栞子は羽柴真美子が重たくなっていき、自分は特別な人間でないと告白する。

そして三年後、増村栞子は黒木隆一との映画シナリオ共同執筆をを羽柴真美子に持ちかけるが断られる。

P216:
彼女もまた自分だけの居場所を見つけようと必死なのだろう。それなのに、いつも真美子が出てきて台無しにする。自分を慕ってくれているだけに、そうそう邪険にも出来ない。悪気がないのが一番タチが悪い

P218:
母親を見上げる赤ん坊のような表情を見て、一瞬でも彼女を追い返そうとしたことが悔やまれた。彼女は美里とは違う。こちらのテリトリーを荒らそうなんて思っていないのだ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード