たいていのことは20時間で習得できる

読んだ本の感想。

ジョシュ・カウフマン著。2014年9月24日 第1版第1刷発行。



あまり大した事は習得出来ていないようにように思えた。

<超速スキル獲得法>
以下の段階で行われる。

(1)分解
スキルを小さなサブスキルに分解する
(2)学習
個々のサブスキルについて知識を得る
(3)除去
練習の邪魔になる障害を取り除く
(4)練習
20時間の練習

以下の基本ルール。

①スキルに関連した事を調べる
②分からなくてもやる
③心的モデルと心的フックを知る
→心的モデルとは繰り返し登場する概念や技術(パソコンを学ぶ際の「サーバー」という概念等)、心的フックとは新概念を学ぶのに役立つ類似性や比喩
④望んでいる事の「逆」を想像する
→事故に遭遇した場合を考えて、事前に準備しておく?
⑤実際にやっている人の話を聞いて予想する
⑥環境から邪魔な要素を除去する
⑦間隔を空けて反復、強化する
→復習
⑧チェックリスト、ルーティンを設ける
⑨予測して検証する
⑩自分の生物学的欲求を大切にする

<ヨガ>
以下の手順。

・必要な道具を揃える
・インストラクターに基本を習う
・ヨガの基本は呼吸に集中し、様々な動作を行うと知る
・基本的な立位、座位のポースを10個学ぶ
・呼吸法を学ぶ
・25分かかる練習を繰り返す

<プログラミング>
ウェブアプリケーションを作成するために、Rubyを学ぶ。

<タッチタイピング>
パソコンのキーボード配列を、QWERTYからColemakに変更する。そのためにKeyzenの練習プログラミングを使用して、就寝前に45分ずつ練習した。最終的に98%の正確性で持続的に毎分60ワードを打てるようになったらしい。

<囲碁>
約150の級別問題を解いて、18級のレベルになったらしい。

<ウクレレ>
ウクレレを弾く。

<ウインドサーフィン>
道具を買って、方向転換の方法等を学ぶ。

⇒六つのスキルは、一年間で同時進行的に習得したらしい。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード