ビットコインが急騰 仮想通貨バブルの真因

2017.6.10 週刊東洋経済 「ビットコインが急騰 仮想通貨バブルの真因」P16~P17から。

2017年3月末~2017年5月末までで、約800種類ある仮想通貨全体の時価総額は、233億ドルから796億ドルに増加。ビットコインが全体の時価総額に占める比率は7割弱から5割弱に低下。

以下は、時価総額上位10位内の仮想通貨の上昇度(2017年3月末~2017年5末)。価格や時価総額は2017/5/30時点。

順位名称価格(円)上昇度時価総額(億円)
1ビットコイン255,2702.441,762
2イーサリアム(ETH)23,071.74.121,237
3リップル25.624.49,788
4ネム24.124.12,168
5イーサリアム(ETC)2,006.416.51,848
6ライトコイン13,153.96.41,474
7ダッシュ13,153.91.3963
8モネロ4,712.32.1685
9バイトコイン0.361.8539
10ストラディス474.328.6466

以下は、価格急騰の理由。

①セグウィット
2017年4月に、ライトコインにて、大量の取引情報を処理する「セグウィット」という新技術が採用された。

②企業連合
2017年2月に、JPモルガンやマイクロソフト等が、イーサリアムの標準的な仕様作りを目指す企業連合を立ち上げた。

③海外送金サービス
2017年3月末に、三菱東京UFJ銀行が、リップルの技術を用いた海外送金サービスを始めるニュースが取り上げられた。

④関連法
2017年4月1日に、仮想通貨の関連法制が整った。

時価総額11位は、スーパーコンピューターをイーサリアムの仕組みで実現しようという「ゴーレム」で使用される仮想通貨であり、流行に乗じれば、そうしたプロジェクトでも数百億円を調達出来る。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード