女學生奇譚

読んだ本の感想。

川瀬七緒著。2016年6月30日 初版。



2016年が舞台。読んではいけない本について取材する人々の話。

以下、ネタバレ含む。

女學生奇譚:
昭和三年六月発酵。発行所は日本橋の兎書館。

語り部の佐也子(17歳)が先輩である「蒼月の君」に騙されて、資産家の家に他の少女と監禁される筋書き。徐々に佐也子は狂っていき、逃亡を試みた道江という少女を裏切って捕らえさせる。昭和三年に実際にあった少女誘拐事件を版としているらしい。

【登場人物】
八坂駿:
34歳のフリーライター。ウルバッハ・ビーテ病であり、恐怖を感じない。そのために興味を持たれる。

芹澤聡:
八坂駿の一卵性双生児の弟。母を突き落として流産させた事で、両親が離婚して父に引き取られ、20歳の時に父と祖父母を殺して監禁されている。他人を操って自殺させたり、兄を調べたりしているらしい。

火野正夫:
オカルト雑誌の編集長。60歳。

篠宮由香里:
36歳の女性カメラマン。180㎝近い長身で、建築関係の写真を撮影していたが、不倫で会社の金を使い込み、オカルト系の仕事をしている。

竹里あやめ:
27歳。米国でボランティア活動をしていたが、悩みを相談した少年が、竹里あやめを悩ませる人間を殺した事で訴えられ六億円の借金がある。兄(曽根秋彦:34歳)の失踪とからめて、読んではいけない本を持ち込む。

臼井三郎:
60歳。昔は火野正夫と組んで、口裂け女の噂を流したりした。

勝浦民代:
昭和三年に失踪した友人を捜して新聞記事に掲載される。勝浦足袋(T・Kソックス社)の令嬢であり、105歳となった今でも存命で「蒼月の君」が実在した事を教える。

相原幸人:
法医学の専門家。潔癖症。『女學生奇譚』を鑑定し、インクの酸化具合から一年以内に作られたと断言する。

宍戸義隆:
子爵であり、鎌倉にある屋敷に少女を監禁していた。『女學生奇譚』執筆時には30歳前後。人肉食のためクールー病になる。

宍戸響子:
宍戸義隆の従姉妹。帝京タクシー経営者の娘。蒼月の君。ビオラ奏者で18歳でパリに留学。35歳で病死。人肉食のためクールー病になる。

火野小夜:
火野正夫の母。帝京タクシー支社長の娘。監禁されていたが、逃げ出し、『女學生奇譚』を著す。通報しようとしたが、金と地位で黙らせられたと推測される。昭和26年、38歳で処女作を出して50歳で亡くなるまでに七作品を書く。

【あらすじ】
オカルト系雑誌社に持ち込まれた「読んではいけない本」を調べる話。持ち込んだ人間の兄は失踪したとして、本の値札に使用された包装紙から、デパートの古本市、販売した古本屋を突き止める。

そこで、本が古い紙を使用しているものの、印刷方法や紙の裁断方法、糊等が新しいもので、一年以内に作成されたものである事を知る。

火野正夫の目的は、八坂駿の精神を動揺させて観察、実験する事にあったらしい。

失踪事件そのものは、実際にあり、女學生奇譚に書かれた屋敷の構造や、蝶の間という言葉から蝶の家紋を使用する家を調べ、監禁の目的が人肉食にある事を知る。

八坂駿が、屋敷を調査中に逃亡した実験の協力者 竹里あやめを篠宮由香里と一緒に米国に探しに行く事を決めたところで物語は終わる。

P126:
今の若い方はかわいそうね。自分たちで掴み取るものがないもの。すべて用意されて整えられて、誘導されて、決められた枠のなかで美しいまま生きているの。お池を泳ぐきれいな錦鯉みたいに。かわいそうに

P311:
情報というのは突き詰めなければ意味がない。たとえば駅に着いたら電車が止まっていたとする。非常停止ボタンが押されたらしい。なぜ?線路にだれかが落ちたから。なぜ?人に押されたから。なぜ?ホームが混んでいたから。なぜ?別の電車が止まって客が流れてきたから
(中略)
ほとんどの人間は、非常ボタンが押されたことがわかれば納得してしまうんだ。その先を考えない。別の目的があって電車が止められていたとしても、人は気づかないんだよ

P316~P317:
以前、人間行動学の論文を読んだことがある。嫌悪統制、選択行動、刺激性制御、協力行動、教示効果。まあ、もっといろんな分野を行動実験で細かく分析していくわけですよ。人間行動の法則発見が目的で、実社会の応用へ向けて研究されている
(中略)
恐怖を感じない人間に対する心理行動実験だ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード