火曜日の手紙

読んだ本の感想。

モレーヌ・グレミヨン著。2014年6月20日 初版印刷。



以下、ネタバレ含む。

1975年のフランスが舞台。母親を亡くしたばかりの主人公カミーユに、毎週火曜日、ルイという男性から手紙が送られてくる。手紙には、ルイ(1921年頃誕生)とアニー(1923年頃誕生)の二人の話から始まり、アニーがルイとエリザベートという子供がいない夫婦のために、ルイーズという子供を産み、その子供がカミーユである事が示されていた。

物語の軸は、以下の二つの三角関係だと思う。

①ルイ:エリザベート:アニー
子供がいないルイとエリザベートの夫婦のために、アニーがルイと交わって子供を作る事にする。エリザベートはアニーに嫉妬するようになる。妊娠期間中、アニーはパリで軟禁され、出征中のポールは妊娠しているのはエリザベートと思い込んでいる。アニーの父親は逮捕されており、母親は字が読めないため、手紙で状況を知るのは幼馴染のルイだけ。

②ルイーズ:エリザベート:アニー
ルイーズが産まれると、エリザベートはアニーを追い出し、子供を遠くから見守るアニーを意識するようになる。1943年にアニーがルイと再会すると、アニーが実子を取り戻しに来る事を恐れて、アニーが娼婦になった事を教え、逃亡させる。

ルイはアニーが死んだと思い込んでいるが、実際には生きており、マダム・メルローとして主人公のアパルトマンの管理人をしている。

****************

フランスという国では、子供を多く産む事が奨励されているのか?エリザベートが出産について感じる重圧が丁寧に記述されている。

三角関係という面から考えると、エリザベートが本当に好きなのはアニーで、彼女を愛するために夫であるポールや子供であるカミーユが存在しているようにも解釈出来る。

そして、最後までカミーユがルイとポールのどちらの子であるか確定しないのか?読み落としか?

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード