やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

読んだ本の感想。

渡航著。

3巻と6.5巻が面白いと思った。以下のように比較で成り立つ物語。正反対のものを対置する事で、陰陽を表現していると思う。

2巻 P203

由比ヶ浜が興味深そうにぐいと身を乗り出してきゅっと手に汗握った。一方、材木座は嫉妬と憎悪に身を焦がし、殺意と共に拳を握った

1巻:
主人公が奉仕部に入る。何故、2勝ずつなんだろう?



P54:
高校生にありがちな思想形態だな。捻くれていることがかっこいいいと思っていたり、『働いたら負け』とかネットなどでもてはやされているそれらしい意見を常に言いたがったり、売れている作家やマンガ家を『売れる前の作品のほうが好き』とか言い出す。みながありがたがるものを馬鹿にし、マイナーなものを褒め称える。そのうえ、同類のオタクをバカにする。変に悟った雰囲気を出しながら捻くれた論理を持ち出す

2巻:
短編集的。職場見学に関わる噂話を潰す話、川崎沙希に塾のスカラシップを薦める話等。



P50:
同じカテゴリに属し、恒常的にコミュニケーションを交わしているからこそ、その親密性は保たれる。そうしたシチュエーションに依存して人の関係性はようやく接続できるのだ

3巻:
由比ヶ浜誕生日会。遊戯部と大貧民をする。



P216:
好きなだけじゃダメだったのだ。
だから彼らは補強した。知識を蓄えて、夢だけ見てる連中を眺め自分は違うのだと己を鼓舞した

4巻:
夏休みに小学生の林間学校に参加し、鶴見留美のいじめを解決する。



P30:
比企谷八幡がいなくても、ちゃんと回っている世界、というのを実感する。そのことに密やかな安心を覚えるのだ。かけがえのない存在なんて怖いじゃないか。それを失ってしまったら取り返しがつかないだなんて

P78~P79:
仲良くなるというのは感情の問題だが、うまくやること自体は技術の問題だ。話題をふり、話を合わせ、そいつの答えに共感してみせる。そうした過程の中で相手のストライクゾーンを絞り、また自分の守備範囲をそれとなく教える
(中略)
人とうまくやるという行為は、自分を騙し、相手を騙し、相手も騙されることを承諾し、自分も相手に騙されることを承認する、その循環連鎖でしかない

P121~P122:
お金の価値も、勉強の意義も、愛の意味も知らない。与えられるのが当然だと思っていて、それの源泉を理解していない。世の中の上澄みを啜ってわかった気になっている年代だ。中学からは挫折や後悔、絶望を知り、この世界が実は生きにくいものだとわかるようになってくる

5巻:
短編集的。進路相談や映画鑑賞、花火大会。



6巻:
文化祭。



P316:
相模はきっと、雪ノ下や由比ヶ浜みたいになりたかったんだろう。あんなふうに誰かに認められて、求められて、頼りにされる人間に。だからインスタントに肩書きを貼り付けた。委員長というラベルをつけることで箔をつけ、誰かにレッテルを貼って見下すことで自分の優位性を確認したかった。それが相模の言う「成長」の正体だ

6.5巻:
体育祭の話。



P66:
人は変われないのだ。もし、変われるとしたら手段は一つ。
何度も何度も痛い目を見て、心に消えない傷を刻みつけて、その痛みからの回避本能によって、結果的に行動が変化するだけだ

P124~P125:
悪口や陰口のコミュニケーションにおける効用は計り知れない。
経験、認識の共有、自身の悪性の開示と、その悪性をお互いが弱みとして握り合う、共犯意識。共犯意識ゆえの結束。さらには陰口を叩き合うことでガス抜きとなりその後のコミュニケーションを円滑にする
(中略)
何かの犠牲によって成り立つ友情は常に新鮮な生贄を求める。供給が断たれてしまえば、身内から差し出さねばならない

P309:
多数派を気取る奴らに教えてやろう。貴様らの信じる価値がいかに空虚かを。いるかどうかも定かでないさらなる多数派に怯える恐怖を

7巻:
京都への修学旅行会。



7.5巻:
タウン誌の結婚特集のページを作る。他に柔道部の話。



P102:
それぞれの役割を決め、そのロールに期待されるやりとりをする姿はままごとじみてすらいる。無自覚的にやっているのであれば本人たちは幸せだろうが、テンプレート化されてしまった会話や日常に自覚してしまったものは憐れだ。生涯、その意識と付き合っていかねばならない。その感覚は持ち得る者同士でしか共有することはできないが、その感覚ゆえに共存していくことは難しい

8巻:
生徒会選挙。推薦されてしまった一色いろはを落選させようとするが、当人の生徒会長をする意欲を掻き立てる事で解決する。



P197:
いつもそうやって言葉や行動の裏を読もうとする。そういうの、わたし結構好きだよ
(中略)
悪意に怯えているみたいで可愛いもの

P342:
そんな本物を、俺も彼女も求めていた

9巻:
クリスマスイベントの話。



P225:
彼らは人の意見を求め、それを取り入れる。失敗したときの責任を分散させるために
(中略)
報告も連絡も相談も協議も確認もすべては関係者を増やし、自身の責任を分散させる行為だ。全体の失敗、全体の責任という形にする事ができれば、一人一人の心の負担は減っていく

P387~P388:
この会議の最大のミスは否定が存在しなかったことだ。一番最初に否定がなかった。だから、まちがっていると知っていても、誰も修正できなかったのだ
(中略)
失敗したときに言うのだ。皆が決めたことだからと。その責任を分散し、自身の心を軽くし、名前のない誰かのせいにする。最後は「みんな」で決めたことだからと脅迫し、共犯者に仕立て上げる

10巻:
葉山隼人の文理選択をマラソン大会で聞く。



10.5巻:
生徒会のフリーペーパを作る。



11巻:
バレンタイン会。生徒会の企画でチョコレートを作る。



P101:
懐かしいと感じるのは、たぶんいろんなものが変わってしまったからだ。いずこかで同一性を失ってしまったから。二度と同じものを手にすることがないとわかっているから

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード