あたしはビー玉

読んだ本の感想。

山崎ナオコーラ著。2009年12月10日 第一刷発行。



南田清順(16歳)の持つビー玉が意志を持ち、喋ったり、動いたりするようになる。食事もすれば体重も増えるらしい。

南田清順は、バイト先の竹中直子(チクチュー)に恋しているが、彼女は同級生の岡本と付き合うようになる。

P242:
オレは無意識に、岡本を見下していた。だから、岡本にチクチューを取られるなんて思ってもみなかったんだ
(中略)
自分が驕っていたことに、気がついた。恥ずかしいよ

そして、清順はビー玉になり、結婚した姉の亜美(24歳)の新居でビー玉と暮らすようになる。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード