セルバンテス/ドン・キホーテ 前編 下

読んだ本の感想。

『セルバンテス』(野谷文昭編:2016年12月25日 第1刷)と、『ドン・キホーテ 前編 下』(荻内勝之訳:2005年10月20日発行)。





『セルバンテス』に収録されている「ドン・キホーテ」は前編のみで、後半はダイジェストだったので、『ドン・キホーテ 前編 下』で補った。

最期にドン・キホーテ達の墓に捧げられた詩は、『ドン・キホーテ 前編 下』の方が面白いと思う。

「ドン・キホーテ」のテーマは、「学習による人間の欲望」だと思う。

主人公は騎士道物語を読み過ぎて狂ってしまった人間で、自らが騎士であるかのように行動する。周囲の人間が主人公と戦ったり、揶揄ったり、怖がる内に周囲の人間達も彼の世界観に巻き込まれていく。

作品内で展開される恋愛も、第三者が存在しなければ成立しない関係ばかりで、他の人間が自らの恋人を愛する事で、自分の愛情を確認している。

第49章、第50章で、ドン・キホーテと参事会員が、騎士道物語について議論する。客観的事実と主観的事実の対立。

【無分別な物好き】
第32章~第35章で朗読される短編小説。

新婚の騎士アンセルモが、友人のロタリオに自分の妻であるカミーラを誘惑するように依頼し、自分の妻の貞節を証明しようとする。誘惑は成功してしまい、一旦はカミーラの演技で疑いが晴れるが、結局は浮気が露見し、アンセルモは憤死、ロタリオは戦死、カミーラは修道女になる。

〇ギリェルモの娘マルセラ
羊飼いのアンボロシオとグリソストモなどにアプローチされるが羊飼いを続ける。

P160~P161:
恋心への返礼として、わたしも皆さんを恋するようにと、恋してほしいと、そして恋さなくてはいけないと言われます(中略)恋されたからといって、恋してくれる相手を恋さなくてはならないというのが腑に落ちません。それに美しいものを恋する男が醜いことだってあるでしょう。醜いものは忌み嫌われるのにふさわしいのですから、『美しいお前がすきだ、俺は醜いけど、愛してほしい』なんて言うのはすごく変です

〇カルデニアの話
婚約者ルシンダを友人であるドン・フェルナンドに奪われる。物語の途中で、ドン・フェルナンドの恋人ドロテアに出会い、それぞれが元鞘に戻る。

【ドン・キホーテの本棚】
第六章で、ドン・キホーテの姪に頼まれた司祭達が、ドン・キホーテの蔵書を燃やそうとする。司祭による検分。

①アマディス・デ・ガウラ全四巻:
スペインで印刷された最初の騎士道本

②エスプランディアンの偉業:
アマディス・デ・ガウラの息子の物語。他に、アマディス・デ・グレシアという本もあるらしい

③ドン・オリバンテ・デ・ラウラ:出鱈目かつ傲慢と評される
④フロリスマルテ・デ・イルカニア:硬くうるおいの無い文章
⑤騎士プラティール:作者不詳の古い本
⑥十字架の騎士:無知な内容
⑦騎士道の鑑:
レイナルドス・デ・モンタルバンが大泥棒の仲間と登場する。マテオ・ボヤルドの創作にヒントを与えたとしている

⑧パルメリン・デ・イングラテーラ:
類まれな本と評される。ポルトガルの賢王が手掛けたという噂。ミラグアルダ城での棒絵kンが見事とする

⑨ドン・ベリニアス:
胆汁が多過ぎて怒りっぽいという評価。床屋に保存されるが、誰にも読まれないようにとされる

⑩その名も高き騎士ティラン・ロ・ブロン:
勇敢な騎士ドン・キリエレイドン・デ・モンタルバンの話。文体によっても世界一優れた本という評価。騎士達の食事や遺言という類書には見られない行為

⑪ラ・ディアナ:
詩集。賢女フェリシアと魔法の水の個所、長詩句の個所を削る必要があるとする

⑫愛の運命全十巻:異彩を放つ出来が良い本
⑬フィリダの羊飼い:思慮深い宮廷人
⑭珠玉の詩選集:詩の数が多過ぎる。作者は司祭の友人

⑮ロペス・マルドナード歌集:
作者は示唆の友人。良書とする

⑯ラ・ガラテア:
ミゲル・デ・セルバンテスの書。独創性があるが尻切れトンボで、第二部に期待とする

他に、ラ・アラウカーナ、ラ・アウストゥリアーダ、エル・モンセラーテ、アンジェリカの涙等の英雄詩があり、スペインが生んだ最高傑作と評価する。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード