暴走する文明

読んだ本の感想。

ロナルド・ライト著。2005年12月25日 第1刷発行。



10年ほど前の本だけれど、既に内容が陳腐化している事に驚く。

<ポール・ゴーギャン>
1897年にタチヒを訪れる。存在についての謎として、「我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこに行くのか?」を絵画に描いた。

それらの問いが本書の主題であるが、人間は常に新しく古い事が問題になる。現在の価値観の多くは300年程度の歴史しか持たない。それなのに文明は同じような崩壊の道程を辿る。

文明とは業績拡大の間だけ儲かるマルチ商法のようなもので、拡大する周辺から富を中央に吸い上げ、生態系への要求が極大化し、富の新たな源泉が見つからない場合に崩壊する。土壌侵食、不作、疫病等で、宗教が約束した支配者と天界の特別な関係が虚偽である事が明白になる。

古代文明はどれも局所的であり、特定の生態系が崩壊しても、人口移動により別の文明が生まれる。

長続きした文明はエジプトと中国で、エジプトは年毎にナイル川の洪水が運ぶ堆積物が土壌を再生し、シュメール文明を崩壊させた塩類蓄積が無かった。また、人口増加も緩慢で古代王朝からクレオパトラの治世まで3000年間で200万人から600万人に増えただけだった。一㎢あたり150人が、ナイル川流域における扶養能力の限界であり、水が媒介する伝染病が人口を抑制したと思われる。

中国では、農耕発祥より遥か前に、ユーラシア大陸の乾風が、後退する氷河によって露出された表土を巻き上げ、黄土の形で堆積物が数百フィートの厚さで蓄積されていた。黄土高原において土壌浸食が発生しても、その下から肥沃な地層が現れるので、絶頂期の漢帝国は5000万人程度の人口を維持出来た。中国は漢王朝没落後は南部に水田耕作を普及させ、新たな富の源泉を見つけている。

現代は決して例外ではなく、現代人は中国やインドから学ぶべきかもしれない。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード