日本史の謎は「地形」で解ける【環境・民族編】

読んだ本の感想。

竹村公太郎著。2014年7月17日 第1版第1刷。



第1章 なぜ信長は「安土の小島」に壮大な城を築いたか
1576年(天正4年)に琵琶湖東岸に安土城は築城された。

近江は伊勢からの東海道、美濃からの中山道、越前からの北陸道が合流し、琵琶湖水運も活用出来る。

著者は織田信長の原風景を津島として、氾濫原の中の洲を本拠地とする思想があったと推測する。

第2章 なぜ「日本の稲作文明」は湿地帯を克服できたか
湿地帯を克服して穀倉地帯を造る試み。

第3章 なぜ家康は「街道筋の駿府」を終の棲家に選んだか
駿府は遠浅の海岸を持った。遠浅では船が動かし難く防御壁として活用可能。その点で鎌倉と似ており、徳川家康は源頼朝を模倣したのかもしれない。駿府を挟む東海道五十三次の由井と岡部も険しい峠越えの難所であり、駿府は要害の地である。

第4章 なぜ世界一の「リサイクル都市」江戸は崩壊したか
リサイクルが盛んだった江戸は臭いが酷かったとする。1820年~1829年に日本に滞在したオランダ商館のJ・F・フィッセルは下肥の臭いが不愉快と記録している。

近代水道は無臭を実現したが、環境に厳しい。2013年現在?で日本国内では年間550万tの化学肥料を使用しているが、日本人口一億人で同程度の下肥を排出しているらしい。





第5章 なぜ日本列島は「生きたリン鉱脈」の宝庫なのか
宮城県田尻町の農家で、「冬みず田んぼ」として、冬の田に水を張って、渡り鳥の生息地とする事で、その糞を利用する試みがあるらしい。

さらに、水を張る事でイトミミズが大量発生し、糞や泥が混ざり粒子の細かい土となる事で、雑草の種が沈み込んで発芽し難くなるらしい。蛙が虫を食べる事による防虫効果もある。

第6章 なぜ江戸城の「天守閣」は再建されなかったのか
日本列島は災害が多いが、山脈や海峡、川によって地形が分断されているため、歴史的には日本全域に長期間影響する災害は少ないらしい。

1657年の明暦の大火(振袖火事)の復興では、インフラ整備に注力するために江戸城の天守閣を再建しなかった。



第7章 なぜ勝海舟は「治水と堤防」で明治政府に怒ったか
1896年に利根川等で降水被害があった。

勝海舟は、明治政府が①堤防の基礎を深く掘って強化する事②堤防を二つ作る。川に近い堤防の内側に田畑を配置し、その向こうに堅固な第二堤防を配置するの二点を守らないと指摘している?

一番堤と二番堤の間に水を溜める事で、洪水位を低くする。



第8章 なぜ正倉院の「神秘の宝物」は盗掘されなかったのか
正倉院は8世紀中頃に、倉庫として建設された。

奈良盆地の人口は多くなかったが、人口が密集しており、正倉院に辿り着くには町屋の狭い路地を抜けなくてはならないため、不審者が近づき難かったとする。

第9章 なぜ江戸時代には、車の動力が「人間」に退化したか
日本では牛馬を去勢する風習が無く、人通りの激しい都会では、牛車は都合が悪かったとする。平安貴族の牛車も、多くの人間が牛を取り囲んで御す必要があった。

江戸名所図屏風、江戸図屏風には車が描かれていない。

第10章 なぜ9歳の本因坊秀策は「東海道を一人旅」できたか
本因坊秀策は1829年(文政12年)に広島県に産まれる。9歳で江戸に行き、本因坊家に入った。そして1863年?に死亡。

著者は、9歳の児童が一人旅をした事から、東海道に追いはぎが出没するというのは宿屋のデマだったと推測する。

第11章 なぜ京都が日本の「線路誕生の地」となったか
大津は西日本と東日本、日本海と太平洋を結ぶ結節点である。

第12章 なぜ大阪の街は「五・十日」渋滞が名物なのか
大阪において、1998年では平日の平均渋滞時間が325時間なのに対し、五・十日は20%~40%増しの380時間~470時間となる。

五・十日は納品期限であり、支払いの決済日である。その日は顔を見に行く日であるらしい。

第13章 なぜ大阪は日本の「都市の原点」であり続けるか
大阪は人口密度が濃い。関東平野は2108人/㎡、濃尾平野は2398人/㎡なのに対し、大阪平野は6797人/㎡である。

また歴史が濃く、法務局に登記されている(地籍が確定している)土地の面積は1%程度である。奈良県は8%、京都府は6%、東京都は17%と歴史的に古い町は低い(全国平均は43%)。

著者は大阪は人付き合いも濃いと主張している?

第14章 なぜ「間引きされた地図」は伝える力を高めるか
情報を省略する事で際立たせる。



第15章 なぜ「世界屈指の雪国」で高度文明が創られたか
日本は島の文明であり、雪という特色がある。積雪50㎝以上の地域の人口密度は、日本107人/㎡、ノルウェー12人/㎡、カナダ2人/㎡である。

定期的に閉じ籠る風習が、物を凝視して細工する文化を生んだのかもしれない。幕の内弁当や箱庭等の詰め込む文化。



第16章 なぜ日本文明は「海面上昇」でも存続できるか
日本列島周辺の海面が30m上昇しても日本列島事自体は残る。平野部が沈む。

著者は発電による温排水の影響を考慮しており、原子力では10万kw/時当たり約2万2000㎥が排水され、火力では10万kw/時当たり約1万4400㎥が排水される。

日本全国の原子力発電所で一年間に3170億kw発電されると、年間680億㎥ = 利根川の約7年分の推量が約7℃温められて排出される事になるらしい。

それに火力を合計すると、利根川の年間総流出量の約16倍、世界全体では約173倍が7℃温められている事になる。紀元前1万8000年頃のウィスコンシン氷期から紀元前4000年頃の縄文海進期までで、1℃上昇に平均1700年が必要だったが、今後100年間で3℃~5℃の気温上昇が発生する見込みがある。

第17章 なぜ日本語は「分裂」せず、現代まで生き残ったか
日本ではテレビが言葉を統一する役割を担った?

江戸時代には江戸からの書籍、絵画、芝居、服装等の流行が一体感を生んだとする?参勤交代は強力な情報拡散システムだったとする。

第18章 なぜ日本は「100年後の未来」にも希望があるか
人口減少という転換点に日本はある。

縮小は不安を生むが、20世紀の人口増加が異常だったという見方もある。22世紀初頭の日本人口7000万人は、1940年代に戻るだけの事。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード