モーパッサン全集/短編集

読んだ本の感想。

モーパッサン全集:1965年9月30日 初版発行。
モーパッサン短編集:1971年1月15日~25日 発行。









モーパッサン短編集は、第一巻に田舎もの、第二巻に都会もの、第三巻に戦争・怪奇ものとテーマ別に収録されている。

以下は、「モーパッサン」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2720.html

モーパッサンの思想が最も分かるのは、『パリ人の日曜日』という短編だと思う。

モーパッサン全集「パリ人の日曜日」P68:
雷雨の前に、さいちゅうに、あとに、つりたまえ。天は開いて火線のしまを生じ、地は雷鳴にとどろき渡るときをこそ選びたまえ。すなわち、ことごくのさかなは、貪婪(どんらん)のためか、はた、恐怖のためか知らねど、動揺狼狽(ろうばい)ひとかたならず、日ごろの習性を失いて、右往左往する傾向あり。

⇒モーパッサンが描写した19世紀末のフランスの状態だと思う

大きな変化があった時代。

モーパッサンの描く田舎にあっては、宗教の影響力が未だに強く、仲裁役として司祭が頼りにされる。都会にあっては単調な繰り返しの生活が基本。そして戦争や怪奇の描写では日頃の習性を失う人々が描かれる。

モーパッサン短編集Ⅱ「父親」P179:
生活になんの変化も起ることなく、だんだん年齢をとっていった。希望もなければ、期待もなく、単調で憂鬱な官吏生活を送っていた。毎日、おなじ時間に起きると、おなじ町を通り、同じ門衛の前で、おなじ門をくぐり、おなじ事務室にはいって、おなじ椅子に腰かけ、おなじ仕事をする。彼はこの世でたったひとりきりだった。

⇒似たような記述が幾つか見られる。変化を忌むようでいて、老いによる変化を恐れる

『パリ人の日曜日』の主人公バチソオは、秩序を重んじ、政府が出来ればいずれを問わず、原則的に帰服する。権力には盲目的に服従し、君主を仰ぎ見るために君主を模倣する。

しかし、共和制下においては模倣熱のやり場が無くなってしまう。これは19世紀末の多くのフランス人の状況だったのではないか。

四民平等の中で、多くの人間達が自らの階級を高めるための証を欲する。『首かざり』のマチルドは上流階級への証として首飾りを欲しがり、『勲章』のサクルマン氏は勲章を欲しがり、『夫の復讐』のルイエ氏は友人の妻を欲しがる。

その行動原理は、田舎ものに登場する宗教や慣習に支配された人々と異なるように思える。万人の万人による闘争が行われている。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード