憧れの女の子

読んだ本の感想。

朝比奈あすか著。2013年2月24日 第1刷発行。



以下、ネタバレ含む。

第二話が面白かった。ネタバレ無しで読んで欲しい話。

憧れの女の子
二人の子持ち(両方とも男)である植松俊彦(38歳)の妻 敦子(36歳)が女児を産もうとする話。結局、6年が経過しても男児ばかりが二人産まれ、五人目を妊娠中。

ある男女をとりまく風景
納得した。

・専業主婦
・派遣社員
・平日にクラフト講座でオリーブ石鹸や簡単モビール作成

上記は女性がやれば普通だけれど、男性がやると奇妙に思える。

30歳?の夫婦 両角マスミ、ジュンの話。

男性が書くと、男の側が夢のような話を持ち出して、挑戦する振りをし続ける展開になると思う。簡単に負けを認める事は難しい。

以下は、女性的感覚の文章だと思う。

P71:
マスミもジュンが友人としての好意を超える瞳で自分を追っていることに気づいていた。だからこそ、他に交際相手がいる時もちょくちょくジュンに声をかけてはあの瞳を確認し、揺らぐ自信をこっそり取り戻したものだ。

P73:
もったいないな、とマスミは思った。ジュンは、よく見れば整った顔立ちなのに、磨かれるチャンスがなかったんだろう。磨く気もなく、磨いてくれる人もいなかったのか。

P74:
六年ぶりに会ったジュンは別人のように垢ぬけていた。グレーのスーツに包まれた体はひきしまり、すこし日に灼けた顔は自信に満ちていた。

P90:
自分の妻が他の男たちを欲情させるのだという事実にマスミは発情した。

弟の婚約者
33歳のインストラクター 沙織が弟の敦史(25歳?)の彼女と会う話。

沙織は、結婚直前までいった彼氏と、姑関係が原因で別れた経験があり、弟が家族より彼女を優先する事に複雑な感情を抱くらしい。

尿漏れ防止のためのエクササイズとか、老いに逆らう話とか良く分からなかった。

リボン
ゲイであり、「BONBON cafe」を運営するタケル(34歳)の話。

P171:
男子集団において、タケルの地位は一気にあがった。可愛らしい女と付き合う男はふつうは嫉妬されるが、智美は可愛らしい上に行動的で正義感の強い人気者だったから、彼女が認めた男だということで、一目おかれたようだった。

P194:
自分が周りにどう思われているかを知る前に、どう思われそうかを素早く察知し、それに対応して言動を変えた。自分の立ち位置と、どう振る舞えばいちばん楽にやり過ごせるかということを、瞬時にこまかく計算した。

わたくしたちの境目は
妻を亡くして一年が経過した勇造が、息子夫婦、孫の三人で温泉に行く話。乳房再建手術とか、男女混浴とか。

*********************

作者は愛情を描く場合に、三人必要な人なのだと思った。

男と女と誘惑者。

「憧れの女の子」では、主人公である植松俊彦を誘惑する羽入絵梨菜(入社一年目)が登場する。妻には無い若さという価値を持ちながらも、妻の方が美人であると思う。そして、羽入は妻に嫌がらせの電話をかけるようになるが転職して別の彼氏を見つける。

「ある男女をとりまく風景」では、共通の友人である熊野の存在がポイントだと思う。

地味なジュンに対して派手な熊野。マスミは、熊野がジュンを見下しているように感じている。学生時代の飲み会でも、熊野は一人で参加する勇気が無いからジュンを誘い、自分が溶け込んだらジュンを放っておく(マスミの意見)。

マスミによる熊野への批判は、作者が嫌いな女性への攻撃を男性によって代弁させているように思う。自分が嫌いな女がモーションをかえる男が、自分を盗み見ている。このような状況が好きなのではないか?

作品世界における恋愛は、自分が嫌いな女に勝つための手段なのだ。階層上位にいる男が、零落した事で自分の手に入る事になる。しかし、零落した事で、他の女より優位に立つための道具には出来なくなったため分かれる。

スタンダールみたいだ。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード