満腹亭へようこそ

読んだ本の感想。

筒井康隆著。1998年5月30日初版第1刷発行。



グロテスクな描写が多い短編集だった。

収録されている短編「薬菜飯店」は、『ジョジョの奇妙な冒険 第4部』に登場するトニオ・トラサルディーの元ネタになったとされる小説。

以下は、「アニヲタWiki(仮)」の「トニオ・トラサルディー」へのリンク。

https://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/10057.html

あるいは酒でいっぱいの海
酸素からヘリウムを取り出す薬を発見した話。海水は、H2O、MaC1、MgC1等で出来ているため、O16をC12に元素転換すると酒になり、世界中の海が酒になる。
その酒を飲んだ主人公は、人体の99%が水であるために酒になってしまう。

最高級有機質肥料
植物星人が住むミトラヴァルナに赴任した地球人大使の話。
植物星人は人間の排泄物を美味と思っており、その話を聞いた主人公は自閉症になってしまう。植物星人から見れば、地球人も植物の死体を加工せずに食べているわけで本質的には変わらない。

薬菜飯店
神戸にある薬菜飯店の話。

以下の料理で合計19,600円らしい。

鹿葉茶:
胃腸の働きを良くし、食欲を増進する。中国山西省 呂梁山脈に生える鹿葉を使う。密天鹿という鹿は、この草しか食べないから90年も生きるらしい。

賭揚辣切鮑肝(視力回復):1800円
鮑の肝。新種のナス科の植物の種子 辣切を薬味として使い、内臓の塩化カルシウムに作用して視覚領域全般を良好にする。

鼻突抜爆冬蛤(肥厚性鼻炎治癒):1800円
蛤の油炒め。鼻子撞抜というトカゲの皮下脂肪から採取したキリアン油を使用しており、食べれば鼻中隔の手術をしたのと同じ効果がある。

焦鮮顎薊辛湯(鼻中隔彎曲症治癒):1800円
ドイツアザミに近い外来種のアゴアザミのスープ。ドイツ山岳地帯の人が若葉と根を食用にする。

⇒蛤の油炒めとアザミのスープの効用が逆の気がする

黒焙夏家雀舌(肩重軽癒):3500円
雀を生きたまま焼いて、苦しんでいる内に舌を切る。その時に分泌される唾液が薬になる。

煽首炸奇鴨卵(咽喉疾患治癒):1800円
黒海にしかいないビロウドキンクロガモの変種の卵で、特殊な色素顆粒が喉に作用する。

味酒珍嘲浅蜊(肺臓清掃):1800円
インドの海岸でしか採れないアカオゴリアサリに含まれる成分が、肺臓内の不純物を分解する。野菜はユリ科の薬草を改良した貝母改変を使用する。

鉄板俵疾猪鼻(胃炎治癒):1800円
ランドレースという豚の鼻を切り落とし、俵に詰めて72日間、日陰の地面に埋めたものを鉄板焼きした。胃の粘液の酸の分泌を抑える効果がある。

冷酔漁海驢掌(肝機能賦活):3500円
絶食させて石を呑ませたニホンアシカの前脚。デヒドロコール酸、緑馬皮、メチオニンを含み、胆汁分泌、大社、解毒等の肝機能を正常にする。

忌馬蟻湯:
インドのタール砂漠にしかいないイミアリの汁。肥厚性の胃炎や肝臓に作用する。

熱辣径湯鍋巴(膝関節炎治癒):1800円
中国の米の変種を使い、膝関節の実質細胞の悪い部分を除去する。

蟹甲癬
クレール星に移住した人々に蔓延する奇妙な病。クレール蟹に寄生する細菌が人間に取り付き、右頬を甲羅に変える。最近は人間の脳を蟹味噌に変えて、頬に付着させる。
人間に乱獲されたクレール蟹が復活しないと、人間達が絶滅してしまう。

アル中の嘆き
幽霊になったアルコール中毒者が、酒に酔う事が出来ない話。

顔面崩壊
シャラク星という気圧の低い星で、ドド豆という豆を調理した結果、豆が顔面に食い込み、寄生虫等に食われ、人口顔面を取り付ける話。

肥満考
肥満気味の女性小説家が発狂し、周囲の人間を撃ち殺していく話。

定年食
1931年?生まれの55歳である寺村が、定年退職後に親族に食われる話。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード