自閉っ子のための努力と手抜き入門

読んだ本の感想。

著者:ニキ・リンコ/浅見淳子。
2012年8月8日 第一刷発行。



以下は、「治しやすいところから治す--発達障害への提言」へのリンク。

http://blog.goo.ne.jp/tabby222

P95~P100に記載されていた余生に向けた準備が面白かった。

①若い時間を楽しんでおく
著者は、二年ほど貯金を後回しにして遊びにお金を使ったらしい。期間限定で遊んで思い出を作る。実際によってみると予想ほど面白くない事がある。

②撤退する項目を予想しておく
仕事を辞める事によって必要無くなる努力がある。加齢で判断力が衰える前に、将来的に不必要になる努力を予想しておく。

③心配し過ぎない/変わる情報は集めない
介護や病気については、実際に経験するまでに状況が変わる。具体的な情報に拘らず、自らが老いて病むという大枠に沿って抽象的に準備しておく。

④立地情報は集めておく
相性の良い居住地の条件は積極的に集めておく。居住地は動かし難い。

⑤長く楽しめる道楽を見つけておく
使う機能や感覚が被らない楽しみを複数見つけておく事で、衰えた時の準備とする。

⑥自分が年上になる事に慣れておく

⑦人に頼む練習をする
多数派とニーズが違うと、周囲の見計らいが難しい。頼む事の言語化を事前に済ませておき、認知機能が若い内に暗記しておく。

⑧他人の助言に従えるようになっておく
加齢によって判断力が衰えた場合、年下の指導者との付き合いが重要になる。

*******************

著者は、高次脳機能障害者と親和性を感じるとする。生まれつき出来ない人間と、事故によって出来なくなった人間に共通点があったりする。



*******************

P196あたりに書いてある「指示に従わせる方法」は結構有効だと思う。

「やってみたら楽しいよ」と言われるよりも、「ノルマだから指示に従わなければならない」とされた方がやり易い。

誰かに楽しいと言われて楽しいと、負けた気分になる時がある。他人の言われた通りに、自分の事が全て実現する事は恐怖。新しい事を始めるのには努力が必要で、楽しいとすると努力が正当に評価されない感覚がある。

自分の予測が外れると恥ずかしい感覚がある。自分は首尾一貫していたい欲求が強い場合、内面を予測される不快感と相まって反発する。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード