わたしって、セロひきのゴーシュかも

読んだ本の感想。

市川秀樹著。2014年9月15日 初版第1刷発行。



童話や神話から発達障害について考えるらしい。

以下は、「アスペルガー者に解ける問題?」の記事へのリンク。世界各地に発達障害を思わせる物語が根付いている。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-1858.html

Ⅰ 童話から読み解く発達障害者の特質と生きる道
〇わらしべ長者
わらのように価値の無い物で、道を究めてしまう。

〇浦島太郎
好きな事に没頭して侵食を忘れてしまう。玉手箱は、自分の状況を正しく知る鏡である。

〇三ぴきのくま
整然としていた熊達の生活に、少女という異分子が入り込み、生活を乱される事でパニックになる。発達障害者は、想像力不足からの不安を生活の型を限定する事で軽減しようとする。

〇おうさまのみみはロバのみみ
自分が関心を持っている事を、他の人間が関心を持っているかはお構いなしに話したくて仕方が無い男の話。

〇アリババと四十人の盗賊
アリババの兄カシムは、「ひらけ、ごま!」という呪文を忘れてしまったために洞窟から逃げられず、盗賊に殺されてしまう。注意が逸れると大切な事を忘れてしまう。

〇ぼくはおこった
怒りを抑制出来ず、怒った原因を周囲を破壊し尽した後に考えても思い出せない。

〇星の王子さま
王子様は、狐から社会生活技術訓練をうける。仲良くなるには、相手が喜ぶ方法で接する事が大切。

〇注文の多い料理店
作中の料理店を人生に准える事が出来る。思い込んでいる事と事実が食い違っても、気付き難い。

〇ききみみずきん
一方的に話すのでなく、傾聴する状態になる。自閉症スペクトラムの人間は、同時に二つの動作が出来難いため、会話をしている時に幾度も同じ事を聞いてしまう事がある。傾聴モードに入る事で、徹底して話を聞く。

〇もりのなか
空想の世界に住み続ける。自分の世界が連続していると、突発的な事が発生した時に臨機応変な対応をとる事が難しい。

〇花咲かじいさん
好きな事に熱中する事のメタファーと言える。

〇セロひきのゴーシュ
ゴーシュは、カッコーから同じ音でも様々な違いがある事を教えられる(同じ言葉でも違う気持ちが伝わる事がある)。さらに野鼠から演奏が動物を癒す事を教わる(自己評価の高まり)。狸から演奏の欠陥を教わり、それを直すのでなく弁えて演奏するようになる。
ゴーシュは発達障害者の類型であり、欠点(個性)を洗練した形で人々から評価されるようになる。

〇走れメロス
激怒し、夢中になると衣服が脱げてしまう主人公。

〇王様と九人のきょうだい
異なる特性を持つ兄弟、ちからもち、くいしんぼう、はらいっぱい、ぶってくれ、ながすね、さむがりや、あつがりや、きってくれ、みずくぐり、が協力して王様を倒す話。

〇三年寝太郎
自分のペースで行動する主人公が成功する話。

〇おおきな木
無制限な愛情。実を与え、切り倒されて舟になり、切り株として椅子になる。

〇きこえるきこえる
白黒の絵で人間の動作を描いた本。自閉症スペクトラムの人間は、全体を知覚する事が苦手なために、表情や身振りを理解し難く、人の顔を記憶する事も苦手である。

〇はだかの王さま
察しが悪くて押しが強い田舎者。

〇はなのすきなうし
花が好きで闘牛に向かない牛の話。

Ⅱ 文芸作品と聖書は、発達障害をどのように捉えているか
〇変身
社会に適応していた人間が、普通の生活から離脱していく様子として理解している。

〇坊ちゃん
使用人の清が補助者としてのあるべき姿を示すとしている。

〇新約聖書
十二使徒の一人ヨハネは神の国がすぐに実現すると思い、反対者には激しく立ち向かい、雷の子と呼ばれる。デジタル思考で一つの事に集中し、激しく反応する。

Ⅲ 発達障害について考える
自閉症スペクトラムの特性は、「臨機応変な対応が苦手で、自分に関心がある事を最優先させたいという本能的傾向が強い」と定義されている。

自閉症スペクトラムの人間は、書かれているものからの学習でなく、自然に学んでいく学習が身に付き難い性質があり、例えば挨拶の仕方では、直接触れる握手等の方がおじぎより身に付く可能性が高いとする。

文化形式は社会生活にも影響し、ゴルフ型の日本の会話と、テニス型の英会話との違いも指摘される。テニス型の会話とは、誰かが話した後に、ラリーのように応答する会話文化。

自閉症者は、ゲマインシャフト(共同体組織:生れつき存在している集団)より、ゲゼルシャフト(機能体組織:人間が意図的に作った集団)の方が生き易いとしている。



以下の分類についても記述。

男脳:
その時々の事がファイルに明記されて保存されており、スイッチが入ると保管されていた情報が再生される。

女脳:
その時々の出来事が上書きされ、過去の記憶や感情が変わっていく構造になっている。

Ⅳ 高まる社会的ニーズ
自閉症スペクトラムの人間は、同じ事が繰り返される事を喜ぶとする。そうした人間は昔から存在したようで、源氏物語の末摘花は、自閉症スペクトラムの一例?

現代の生活は夜型で、ストレスに抵抗するためのビタミンやミネラルが不足した食生活になっている。変化が激しい現代において、発達障害者には昔と異なる配慮が必要かもしれない。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード