戦国の陣形

読んだ本の感想。

乃至政彦著。2016年1月20日 第一刷発行。



戦国時代の陣形について。

兵種別編成によって組まれた旗隊、弓隊、鉄炮隊、長柄隊、騎兵隊を運用する「五段隊形」が陣形の基本だったとする。

<律令時代>
日本で陣形が導入されたのは律令制時代である。

683年に、天武天皇が「諸国習陣法」の詔を発して陣形を諸国に習わせている。さらに、693年には陣法博士が諸国に教習のため派遣されている。9世紀の『令義解』軍防令には、「陣列之法」が伝えられており、一部隊50人を定数とし、前列25人・後列25人を配していたらしい。

天武天皇は中央集権化を進め、国内外に向けた帝国を築くために軍団を作ろうとしたのかもしれない。

しかし、海外との軍事的緊張が緩和されると、大規模な軍団制は維持困難になっていく。さらに、ゲリラ的に戦う蝦夷に対して、隊列で戦う軍団は有効に機能せず、健児(少数精鋭の騎馬兵)が重視されるようになっていく。792年に軍団制は廃止された。

<中世前期>
鎌倉幕府等でも、中小規模の私兵が集まって、個別の集団で戦った。

以下の特徴。

①人数任せと少数精鋭
人海戦術が幅を利かせたが、軍のまとまりが無いために士気旺盛な寡兵が善戦する事もあり、壮絶に敗死する武士が名を残した。

②騎兵主体
騎兵が主力であり、楯兵と弓兵が補助した。しかし、総大将による統制は無い。

③不定型の陣形
散兵の寄せ集めの領主別編成軍。

〇大塔物語(足利時代の軍記文学)
信濃守護 小川原長秀と国一揆との間で1400年に発生した紛争を記述。小笠原隊は敵騎兵37騎に対し、150人~160人の弓兵で迎撃したものの、7騎~8騎しか打ち落とせていない。甲冑を着用した騎兵を弓で倒す事は困難であり、騎兵に騎兵で当たる戦術が展開されたらしい。

<戦国時代>
上杉謙信や武田信玄の軍事改革。東国の大名である上杉、武田、北条は個人の集積である「軍勢」を組織的に機能する「軍隊」へ作り変え、それが江戸幕府にまで影響したとする。軍役定書(編成する兵の動員人数と武装内容を指定する文書)は、戦国時代では上杉、武田、豊穣にしか認められていない。

以下が戦国時代における変化。

①鉄炮の普及
騎馬武者が飛び出して敵勢を圧倒する戦術が、使用難度の低い鉄炮によって封殺された。

②足軽・雑兵の台頭
武士でない出自の戦闘員 = 足軽を活用する事で、組織戦に使い勝手の良い歩兵が大量に補充された。

③大名への権力集中
各地に疑似国家的勢力が出現した。

〇鴉鷺合戦物語
享徳~文明(1452年~1487年)の作とされる。陣形の基礎とされる八陣について、以下の三系統の概念を記す。

①諸葛亮
大将の八陣を囲む正方形の八部隊。

②李善
唐代の知識人 李善(620年頃~690年)の「雑兵書」に出典がある八種類の陣形。

③張良
張良が編み出したという八陣(魚鱗、鶴翼、長蛇、偃月等)

以下は、Wikipediaの「陣形」の記事へのリンク。「八陣図」について書いてある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%A3%E5%BD%A2

◎武田
武田信玄に仕えた山本勘助が「諸葛孔明八陣の図」を提唱。ただし、山本勘助の種本である「軍林宝鑑」には彼の言うような八陣は無い。「甲陽軍鑑」品第二十七では、山本勘助が神明にかけて、「軍学を体系的に学んでいない」と告白しているらしい。

しかし、武田信玄は山本勘助の建策により、陣形の素朴なルールとシステムを作り、各部隊が定型の陣形(魚鱗や鶴翼等)を実用出来るようにしたらしい。

「甲陽軍鑑」によると、中国の兵法書等を参考に、定型の陣形を定めたらしい。

◎上杉
1548年に塩田原にて武田と戦った村上義清の影響があるらしい。

200騎の騎兵隊と200人の鑓持ち、150人の弓兵と50人の鉄砲隊を兵種別に編成し、最初に弓や鉄炮で攻撃し、騎兵等が切り込んだ事で武田信玄を負傷させたという。

著者は、これが中世で初めて兵種別の兵が連携して戦った例とする。

結局、村上義清は武田に敗れて上杉家まで亡命するが、彼の影響で上杉家の兵装が変化したとする。『上杉家御年譜』等では、鉄炮、弓、鑓、旗、騎馬を兵種別に編成しており、戦術が整備された様が伺える。

<江戸時代>
徳川幕府は、1616年に元和軍役令を下して編成を定めた。

1万石分の割り当ては、鑓52%、鉄炮21%、騎馬14%、弓10%、旗3%となっている?参勤交代も五段隊形を型通りに組ませて、軍事力維持を目的にしていたとする。

戦国時代において定型の陣形を活用したのは武田信玄のみであり、他は自由に並び替える五段隊形を採用したとするが、天下泰平が長引くと、軍学者達によって陣形が机上にて再発見されていく。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード