100万年後の宇宙人達へ向けて

以下は、「物語の重要性」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-1978.html

人類が滅亡し、それから長い年月を隔てた未来の地球に飛来した宇宙人達は、数値記録や遺跡等ではなく、妄想であるはずの小説や漫画、映画等から人類の過去を推測するのかもしれない。

上司に発達障害について、僕の心理報告を交えて説明するが、数値情報だけでは納得してくれない。

「つまり、どういう事なの?」

以下は、やる夫スレの「不思議の佐々木」へのリンク。このような説明が必要なのだと思う。

http://mukankei151.com/wp/archives/51135

僕と他の人間達の世界は隔てられている。僕は観察の対象であり、交際相手として適切でないと思われる。障害者として認知される事により、僕は彼等の論理の外側にある。区分する事により、僕の周囲の人間は僕に汚染される事を免れている。

「あなたが失敗した理由は何ですか?それが他の人間にも発生しない理由を教えて下さい。それが出来ないのなら、全ての人間に適用すべき再発防止策を作る必要がある」

僕の失敗に関しては、「それは僕が発達障害者だからです」と一定の区分が行われる。僕の失敗は、他の人間には発生し得ない事象であるという一定の線引きが出来る。

そして、区分を完成させるには『発達障害』とはなんであるかを説明し、納得して貰わなければならない。

数値では無理なのだ。具体例による説明でも足りない。瞬間移動不可能である事を伝えなくてはならない。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード