大人のアスペルガー会話メソッド

読んだ本の感想。

司馬理恵子著。2015年11月30日 第1刷発行。



PART1 あなたが誤解されやすいのは
    「コミュニケーション不足」のせいだった

アスペルガー者は、成人してから職場にて上司、部下、顧客という様々な関わりを求められる中で問題視されていく。多数の人間が集団を形成すると、共通認識が発生するが、社会的想像力が無いと経験した事が無い状況で振る舞う方法を推測出来ない。

自分が見る範囲内を認識しても、自分を含めた全体が想像出来ない。そうなると自分が正しく、他が間違っているという思想から脱け出し難い。

アスペルガー症候群の診断基準:
①社会性の欠陥(極端な自己中心性)
以下から少なくとも2つ。
 ・友達と相互に関わる能力に欠ける
 ・友達と相互に関わる意欲に欠ける
 ・社会的シグナルの理解に欠ける
 ・社会的・感情的に適切さを欠く行動

②興味・関心の低さ
以下から少なくとも1つ。
 ・他の行動を受け付けない
 ・固執を繰り返す
 ・固定的で無目的な傾向

③反復的なきまり
以下から少なくとも1つ。
 ・自分に対して、生活上で
 ・他人に対して

④話し言葉と言語の特質
以下から少なくとも3つ。
 ・発達の遅れ
 ・表面的には熟達した表出言語
 ・形式的で細部に拘る言語表現
 ・韻律の奇妙さ、独特の声の調子
 ・表面的・暗示的な意味の取り違え等の言語理解の悪さ

⑤非言語コミュニケーションの問題
以下から少なくとも1つ。
 ・身振りの使用が少ない
 ・身体言語のぎこちなさ
 ・表情が乏しい
 ・表情が適切でない
 ・視線が奇妙

⑥運動の不器用さ
 ・神経発達の検査成績が低い

◎社会性障害における4つの型
①孤立型
人との関わりを求めない
②積極奇異型
他人と不器用に関わる
③受動型
自分からは他人と関わらない
④過剰に大仰型
思春期後期から表れ、社会的なマナーをぎこちなく身に付けている

PART2 コミュニケーション力を身につける
    基本の「き」

以下は、仕事のコミュニケーションの基本。

報告:
仕事の結果や途中経過、トラブルも含めて部下から上司に伝える。

連絡:
予定や簡単な情報を関係者に知らせる。

相談:
判断に迷う時に、上司や同僚の意見を聞く。

相互的な意思疎通のために、主語と述語を明確にする。自分が知っている事を相手も知っていると思い込まないようにする。

PART3 <ビジネスシーン別>コミュニケーション力が
    身につく会話メソッド

・指示を受ける際の注意
アスペルガータイプは同じ事を何度も間違える。他人と感覚が違うため、大まかな注意では悪い箇所が分からない。一つの敬虔を似た事に応用する事も苦手なため、間違えた理由を具体的に説明して貰う事が大切。

・依頼する際の注意
命令にならないように供養に注意する。「恐れ入りますが」、「よろしければ」等のクッション言葉を使用する。相手からの依頼を断る場合も、「せっかくですが」、「申し訳ございませんが」等の言葉で穏やかに断る。

・謝る場合の注意
遅刻等した場合は、最初に「遅れて申し訳ありません」と言う。遅刻の理由を最初に言うと言い訳に思われる。気持ちを伝えるには、言葉と表情、仕草に注意する。

叱られた場合は、そこから学ぶ姿勢を見せる事も大切で、ただ誤ってやり過ごす事はいけない。

PART4 症状をやわらげる方法も
    身につけよう

自分の問題に気付いても、具体的な解決方法が分からない場合、一つ一つの困っている場面を具体的に書き出して、当人と周囲がどのように対応すべきか検討する。

運動やストレッチ、深呼吸等は体調を整える事に有効。他に睡眠や食事への注意等。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード