新しい脳

インターネット上の記事からのコピペ。

電子計算機とは人間の大脳皮質のニューロン演算を模して構想、立案、実装されたシロモノであり、考える事は出来るが、より下位の脳(脊髄、延髄、小脳・橋・中脳・間脳・大脳辺縁系)である「古い脳」の役割を担えない。

意思決定とは、「古い脳」が担当する心の働きであって、それを実現する無生物のシステムを実現するには、新しい知見が数ダース得られる必要がある。

魚を考えてみると、魚には大脳がほとんど無い。特に新皮質に相当するような高度に進化したモジュール等を欠いている。端的に言えば「知的な脳が無い」。

それでも、魚は時々刻々、生存をかけて意志を決定、直ちに行動に移して毎日の生命を繋いでいる。敵が来たら逃げる。食べ物が来たら追いかけて捕まえる、食べる。繁殖の季節を迎えたら伴侶を探す。雌を巡って対立があれば雄同士は死力を尽くして戦う。

人間でもありそうなドラマだが、これらの行動にほぼ一切、大脳新皮質や「知性」と呼び得るものは介在していない。何故ならそういうものはついていないから。

電子計算機は「新しい脳」のみで構成されており、原始的な生物と真逆な存在だ。

彼等に意思決定は存在しない。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード