禁止によって成り立っている

適当に書く事。上手く書けない。

以下は、「官能小説を読もう」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2283.html

小説等のフィクションや様々な文化体系は、「禁止」によって成り立っているとしてみる。

禁忌が存在し、人間の思考や行動が制限された事により、各種の「目的」が発生している?

禁止の問題は、それが実施された場合を想定出来ない事にある。能動的な行動が奨励されている場合は、選択された行動が上手くいかない事を証明出来る。しかし、禁止によって制限された行動は現実によって検証不可能であるため否定し難い。

禁止事項は、それが存在しない状況を想定し得ないまま存続し続ける事になる。

⇒文化の本質?

**********************

以下は、「<世界史>の哲学 イスラーム篇」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2356.html

多様な民族、集団を内包する帝国が、共同体に束縛されない「個人」を求めた事について。

あらゆる共同体で宦官や奴隷が存続し続けたのは、そうした人々が共同体から切り離された個人であったからとしてみる。民族や家族から切り離されたために国家に帰属せざるを得ない。

それは少数民族による帝国支配においても同様と考える。大帝国を侵略する遊牧民族達は圧倒的に個人であり、その帝国において少数派であるために「個人」となり、個人であるために支配者となる事が出来る。

共同体による禁止から切り離された存在である優位性。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード