組み立て×分解!ゲームデザイン

読んだ本の感想。

渡辺訓章著。2016年3月25日 初版 第1刷発行。



以下は、サポートページへのリンク。

http://gihyo.jp/book/2016/978-4-7741-7944-5/support

第1章 ゲームデザインを行う前に
本書では、以下を扱わない。
 ・レベルデザイン
 ・プログラミング
 ・良い題材の見つけ方

ゲームをデザインするためには、上記の前に「ルール」が必要である。「ルール」によりゲームに登場する要素間の関係が決まる。

法則:
ゲームにおいて現実の物理法則は適用されないので、得点や勝敗等、「何が発生するか」を規定する必要がある。

禁止:
ゲームにおける禁止事項を、条件や罰則と合わせて決定する。

⇒時間や回数による制約により戦略性が生まれる

範囲:
機械の動作もルールの集まりと出来るが、本書ではプレイヤーが理解すべき事を「ルール」、機械が担当すべき事を「アルゴリズム」とする。

第2章 アルゴリズムからゲームを作る
アルゴリズム:
ゲームを行うために必要な、一連の手段を纏めたもの。現象を分割する事でアルゴリズムは記述出来るが、アルゴリズムを繰り返したり、組み合わせる事で大規模なアルゴリズムにする事も可能。

機械は融通が利かないため、「ルール」に含まれない多くの部分をアルゴリズムで記述する必要がある。人間が感覚で理解出来る物理法則等を順序立てて記述する。

アルゴリズムによる制約があり、プレイヤーが操作する自機の表示、テトリスのような形による制約、構造による制約(ある状態を目指すのか、状況を循環させるのか)、強制スクロース等。

第3章 ルールを組み替えてゲームを作る
既に完成しているゲームに、要素を足し引きする事で新しくする事が出来る。

単純化した例としては、戦略ゲームから攻撃要素を引いて防御に特化した「タワーディフェンス」というジャンルがある。

本章では、シューティングゲームを題材に、自機が弾を撃つ事が出来ない設定にして、ゲームをデザインしている。

・弾が打てないと敵が増えるだけで緩急が無い
  ↓
・敵同士の接触により敵が減るようにする
 (自機も誘爆に巻き込まれる可能性)
  ↓
・点としての敵が、誘爆により面に近い存在になる

⇒誘爆を思い付いたのは、自機が弾を撃てない制約から、自機の弾と敵の弾の区別が無くなる状態を、物体間の影響を基準として想起した結果である。

上記のゲームをデザインすると、①敵に近付かない事に遊び方が集約されてしまいゲームが単純になる②爆発規模が大きくなると逃げ場が無くなるという問題が出てくる。

⇒ある状態が非常に有利になる時、その状態に到達するまでを組み込む事が汎用的解決策となる。この場合は、安全地帯を設ける、作れるようにする等が解決策になる?

時間や空間を利用する事で強弱の関係を作る事が出来る。飛び道具や一定期間の無的時間等。

こうしてデザインしたゲームを、「fencer」と名付けてサポートページで紹介しているらしい。

第4章 対人ゲームから一人用ゲームを作る
ゲームにおいては勝負を対等にするための「対称性」が公平に結び付く。

一人用ゲームでは、人間の視点からは楽しくない役割を機械に押し付ける非対称なゲームにする事も可能。

本章では、「Phutball」という二人用対戦ゲームを題材にゲームを考えている。

最初にゲームーオーバーの条件を作り、それによりゲームが出来上がる。「遊べない」から「つまらない」への変化。さらに制約を増やす事で単純作業にならないようにしていく。

ランダムの設定では、ランダムが回避出来ない状態は嫌われ、平等性をアピールする場合にはランダムは有効である。

著者は強制スクロールを導入した「toccos」をサポートページで紹介しているらしい。

第5章 自由と制約の関係を考える
「ルール」を分解し細分化する事でプレイヤーが関与出来る要素が増し、自由が作られるが、制約が無ければゲームとして成り立たない。制約は理解し易さも生み出す。例えば、数値的指標という制約は、プレイヤーの行動に評価を与え、正解に導く効果がある。

この章では「パネキット」を題材に「ルール」の分解について考えている。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード