アナロジー思考

読んだ本の感想。

細谷功著。2011年8月11日 発行。



第1章 アナロジーとは何か、なぜ重要なのか
アナロジー:
類推。2つの構造の比例関係を利用した思考法。類似事象から推し量る事。言語表現におけるアナロジーは隠喩である。

以下の3つの目的。

①自分の理解
既に体験した事と新しい事を比較し、類似性から理解する。

②他人への説明
例え話を用いた説明。

③新しい発想を生み出す
直接的、間接的知識を別領域に応用する。

○鞄と予算管理の例
以下の事例を「鞄」を具体例として理解する。

・部単位で大まかに管理していた予算を、チーム単位(部配下の課配下の管理単位)で管理する事による影響

⇒内部に区切りが無い鞄から、内部に多数の区切りが在る鞄に持ち替えた場合に准えて理解する

すると、以下のように理解が可能になる。

長所:用途別に目的が明確化可能となる
短所:運用の柔軟性が低下する

予算管理を小分けすると、予算の用途が明確化する反面、予算使用方法の融通が利かなくなる。鞄が小分けに向いている状況を考慮すると、予算目的が明確な成熟した組織や、可視性が必要な公開企業に向いていると推測可能。

第2章 アナロジーのメカニズムを解明する
アナロジーは、演繹的推論や帰納的推論とは異なるアブダクション(仮説的推論)の一つである。



○分析的推論
論理思考を代表する演繹的推論。

○拡張的推論
経験を基礎にした知識から新しい拡張を行う。
 ・帰納的推論(経験から一般化)
 ・アブダクション(仮説から理論を発案) 

以下の4つのステップ。

①対象領域(ターゲット)における課題の設定
問題解決の対象となる領域における課題設定。課題を抽象化して特徴を掴む。

②ベース領域の選択
アナロジーの源となるベース領域の選定。対象領域と離れているほど斬新な思想が生まれる。

③ベースからターゲットへのマッピング
ベース領域から対象領域への対応要素をマッピングする事で知見を得る。

④評価・選択
評価・検証し、課題を修正する。再度ステップを繰り返す事もある。

***************

アナロジーの具体例はインターネット世界において頻繁に見られる。リアルからバーチャルへのアナロジー。使用者に「直観的」に使い勝手が良いインターフェース。

リアルとバーチャルの関係をさらに一般化すると、人間の精神世界を物理的表現に置き換えて理解する事例になる。隠喩は比喩表現の一種であるが、「頭が固い」、「流行を追いかける」、「温かいもてなし」等の表現は、物理的世界と精神的世界の類似性に由来している。

そして、アイデア発想のためのアナロジーでは、進んだ世界から遅れている世界へのアナロジーが有効である。規制緩和が進んでいる業界から、寄生に守られた業界へのアイデアの輸出入等。

ある世界で既知の事を利用して、他の世界での未知に対応する。

第3章 アナロジーの基本は「構造的類似点」を探すこと
アナロジー思考の基本は、複数の世界での共通点を探す事である。

類似には、以下があるとする。アナロジーの対象となるのは②である。

①表面的類似
複数事象の属性に関する類似。単独の対象物の見た目が似ている等。同音異義語等も表面的類似の一種。

②構造的類似
複数事象の関係性に関する類似。対象物相互間に存在する関係性が似ている等。







関係/構造には基本パターンがある。

○対称型(両者が対等な関係)
 ・並列関係
 ・対立関係
 ・相互因果関係(鶏と卵等)

○非対称型(両者が非対等な関係)
 ・因果関係
 ・順序関係
 ・大小関係

上記のような関係の応用が「構造」である。2者間の関係を拡張した3者以上の関係を「構造」とする。

第4章 アナロジーに必要な抽象化思考力
構造的類似を見つけるには、一般化やモデル化による「抽象化思考力」が必須である。

抽象化には、以下の3つの側面が考えられる。

①一般化
個別の具体例を上位の概念に包括する一般的言語に置き換える。亀 → 両生類 → 動物 → 生物等。

②単純化(モデル化)
複雑な事象の内、当該目的に合致した部分のみ特徴を取り出す。

③構造化
個別の具体的事象間の関係や構造を明らかにする。

抽象度が上がるほど、離れた領域を比較可能。

以下は、アナロジーを適切に用いるための共通点を見い出すための注意事項。

・共通点が対象領域での目的に合致している事
・共通点が適切な抽象レベルにある事
・相違点も考慮する事

電子書籍の将来像を考える上では、音楽配信が参考になるが、構造的類似点と相違点を考慮し、それが変化を齎す上での本質的影響ポイントになるかを考慮しなくてはならない。

**************

以下は、抽象化思考が得意な人間の思考パターン。

①図解して単純に表現する
図解の本質とは、抽象化によって表面的属性を切り捨て、関係や構造を明確化する事である。

②極論し、二項対立で考える
極論とは、特定の一点だけを切り出して議論する事である。極論を発展させたのが二項対立 = 物事を対立する概念に分離して議論を進める方法。特徴を明確に際立たせるため、論点が明確になり易い。

③格言好き
汎用性の高い抽象的文章を好む。

④例え話が適格
例え話はアナロジーの派生である。

⑤似顔絵や綽名をつけるのが上手い

⑥美しさに拘る
抽象度レベルでの美 = 構造の単純性や例外の少なさに拘る。

⑦飽きっぽく話が飛ぶ
表面上の具体性だけ見ると異なっている事が、抽象度を上げると似ている事がある。

*****************

抽象化思考と具体化思考は対立する事があるとする。抽象度の高い表現は、一般に難解とされ、理解され難く感情に訴えない短所がある。具体的事象を抽象化し、それを別の形で具体化する往還運動が必要。

抽象は問題を解決する思考であり、問題を生み出す力は無い。

抽象度が上がるほどに全ての問題が同一に認識されるが、具体的事象を様々なレベルで階層的に考える思考回路が必要としている?

第5章 科学やビジネスに応用されるアナロジー
アナロジーが活用されてきたのは科学の分野であるが、ビジネスにおいても構造的に似ている業界から学ぶ事がある。そうした学びは、歴史や個人においても活用可能。



機械や電気、水力等において、一つの世界での公式が他の世界でも成り立つ事がある。扱う対象物が異なっても、潜在的基本構造は同一原理から成っており、個別に考えなくても基本原理は単純で、対象物によって派生が分かれるとする。

<ビジネスや歴史への応用>
以下は、「電力の歴史的影響、情報処理産業への類推」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2007.html

「クラウド化する世界」では、インターネットを大きな構造として、電力との比較によって将来を予測している。共通点として、黎明期においては需要家が個別に設備を用意していたが、技術革新等によって全ての需要を満たす巨大設備が誕生する。相違点は、アプリケーション提供者が電力では利用者であるのに対し、インターネットではサービスも提供側が提供し得る事がある?

以下は、「21世紀の歴史」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-703.html

人間の歴史において、宗教家、軍人、商人という三大権力者が代わる代わる富を支配する「最大政治秩序の繰り返し」という構造を抽出したとする。

以下は、「フリーエージェント社会の到来」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-777.html

個人と組織の相対的関係を構造として、巨大生産手段が不要となった構造的変化により、従来の個人が組織に忠誠を誓う代わりに安定を得る単純な取引が崩壊しつつあるとしている?

**************

組織とは、個人の感情ではなくマクロ的には論理に従って動くものとする。経営学では、企業という組織を論理的に説明する。

個人には体系立って戦略や管理が考えてこられず、理屈で説明出来る対象ではないとされてきたが、組織論を個人に応用出来る可能性があるとする。企業の成長戦略を個人の成長戦略に流用する等。

第6章 アナロジー思考力を鍛えるために
新しいアイデアを生み出すには、①多様な知識と経験、②アナロジーの力が必要とする。

自らの経験を整理するように自己訓練し、様々な事象に応用すべき?

構造を見抜く訓練には、パズルが有効?関係性や構造を見抜く基礎動作のイメージ習得。



様々な事象を司る基本原理は限られており、それを単純化された形式としてパズルで学ぶとする。







パズルを現実の構造を見抜くためにも活用するべき?

また、抽象化思考力を鍛えるには、即効性の無い読書も有効であるとする。抽象度が高い本は抽象度が高く、具体的で直接役立つものにばかり触れていると理解する能力が衰えるとする?

**************

アナロジーは状況証拠であって物的証拠ではない。論理的演繹でない分、アナロジーは詭弁と紙一重である。アナロジーが詭弁に用いられる例は、必要以上に一般化が行われているか、抽出された共通点が推論しようとしている内容と関係性が薄いという誤りを犯している場合である。

アナロジー発想は、大胆な仮説を立てるには有効であるが、検証する別手段が必要となる。さらに、アナロジーは誰もが未経験である全く新しい世界には通用し難い欠点がある。



******************







20世紀中頃に、ブルバキ(擬人化された数学集団)によって確立された数学的構造の成立や発展過程を読み物風に解説しているらしい。





人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード