強いものは知覚出来ない

以下、色々と考えている事。

可変的要素として知覚出来る事は、弱い要素 = 容易に操作可能なものであると思っている。

会社を辞めて起業する事と、会社を辞めないで自らのスキルアップに努める事では、後者の方が選択し易い。大抵は、起業すること自体が選択肢に入らないと思う。

本当に社会を支配しているルールは、意識出来ないと思う。

自分より上位の存在に逆らう事を思い付く事は出来ない。重力や時の流れに逆らう事を思い付かないように、社会システムは無自覚的に僕の思考や行動を規定しているはず。

******************

以下は、インターネット上の掲示板の記述。

円が安全資産というのは誤解だ。そう思う人間はマスコミ報道を鵜呑みにしている。今までは、 「魅力の無い円」を売って「魅力のある資産」に投資していたが、現在は金融機関の苦境に伴い反対売買で売却している。

******************

台湾メーカーの鴻海精密工業が、シャープを買収するらしい。

鴻海精密工業会長は、「40歳未満の従業員の雇用は守るから安心して欲しい」とコメントしているらしい。

40歳以上は必要無いという意見だ。

これは技能向上という概念の否定であると思う。

近年のインターネットに投稿される異世界系の小説は、「レベルアップ」が前提になっている。

異世界に転生した主人公が、冒険者として公的に登録され、敵を倒す事によって経験値を獲得して強くなる。そのような物語が多いと思う。

実世界においては、評価されるような経験を積む事が出来る人間は一部であり、ほとんどの人間は経年によって劣化する。少なくとも、社会からはそのように評価されてしまう。

年功序列型の人事制度では、「レベルアップ」が前提になっており、従業員の能力が勤続年数に応じて成長するものとなっている。

現実には、勤続年数に応じて体力が衰え、創造性や柔軟性が失われてしまうと社会的に認知されたら、現在の社会システムは維持出来ない。

***************

購買力平価で考えた場合、円高は継続するはず。

日本の株式市場は製造業に偏っており、経済全体の姿を正しく反映しない。

そうした状況下で株価対策や通貨安を志向する事は、古い経済システムに依存する点で、年功序列型の人事制度と似ていなくもない。

経年に応じて社会システムが劣化しているのであれば、古いシステムに寄り添っている僕の現在の状況は非常に危険なものである事になる。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード