占ってみた

「自分のお金儲け」について、易で占ってみた。

兌卦の四陽にあると出た。

兌為沢:
兌とは悦ぶ事。沼沢、少女、口を表し、それが二つ並ぶ事で、二人の乙女が楽し気に語らう姿を示している。そうして和やかに暮らす事の重要性を説く。口は笑ったり語り合う等して心を通わせるものであるが、間違えば罵り合って不和を招くものであり、誠実な心を持つべきである。

二つの沼が連なって、互いに潤す形でもあり相互に交流して利益を受け合う。沢梁禁無し(人民が沼地で漁をする事を禁じない寛大な政治)。皆と悦ぶ心で和するのならば、人を励まし力付ける事が出来る。

兌の四陽:
物質的な悦びか、精神的な悦びかを選択する事に迷う。熟慮して毅然たる態度で邪道を退けるなら、真の喜びが訪れる。

******************

兌卦では、気持ちが伸び伸びし、憂いを晴らすので、次は喚卦であるとする。

風水喚:
上卦が木(風)、下卦が水であり、木の船が水上を行く渡河を象徴する。停滞を吹き飛ばして新しい出発を図るが、一方では民心離反や分裂を暗示している。出発に際しては気を引き締めるべきであり、人心離散している時は至誠の心を抱いて再び人心を凝集させて困難に立ち向かうべきである。

互卦は豊卦。別の角度からの解釈?

雷火豊:
盛大豊満なる事。全てにおいて満ち足りた状態を示す。しかし、盛んなれば衰えるのが理であり、警告が必要。現状維持だけでも大変なので、新規開拓には危険が伴う。

錯卦は山卦。現在とは逆の状況?

艮為山:
泰然として動かぬ山を表し、沈思黙考して軽挙妄動を慎むべき時とする。協力者を期待出来ず、依頼心は禁物。地味な努力が大切。

総爻は巽卦。周囲から感じられる僕の状況?

巽為風:
風を象徴する。風は柔軟に吹き過ぎる。遜る、譲る事でもあり、どのような仕事にも柔軟に入り込む事を表す。一方で柔軟性は無原則性に陥る危険があり、優柔不断と思われる事もある。優れた指導者に従って、誤り無きを心がけるべき。

四陽を陰に変更すると節卦。これから訪れる状況?

水沢節:
沼が水を讃えている状態を示す。氾濫も枯渇もしないよう調節している。節度を守る事が大切。誘惑を退けて節度を守るべきであるが、一方では平衡感覚が大切であり原則に固執し過ぎるのも良くない。

節の四陰:
指導者の定めた道に従い、安んじて節度を守るべき。

******************

何かを新しく始める状態を示す?

易が自らの無意識を表現する手段とすると、何か新しい事を始めたいのかもしれない。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード