バツとテリー、アンとジョー

以下、纏まらない話。何となく書く事。

「俺の名はバツ。その親友テリー。二人合わせて……バッテリー」

とは、何に書いてあった言葉だっけ。多分、書店のポップだと思う。

*****************

人間が思いつく物語には類型があると思う。

○創造主への反逆
自らを作り出した創造主への反逆。

○救出
困っている人間を助け出し感謝される。

上記のような思考はセットになっていて、何かを育成する時には反抗される事を考えてしまうし、誰かを助けたと感じると感謝されたと思ってしまうものなのかな。

****************

「私って、サバサバしているからドロドロした女の集団が嫌いなんです」と男性達に自己アピールする女性が怖いと思ったので書く事。

女性が共感する物語の類型として、『赤毛のアン』と『若草物語』があるという話を何かで読んだ事がある。

○赤毛のアン
女の子っぽさ。空想好き。

○若草物語
次女のジョーへの共感。男性に負けたくない気持ちと守ってもらいたい気持ちの両立?

女性の考える物語だと、受け身の女性が徹底的に虐待される事があると思う。自らの弱く見える外見を利用する強かな人物。決して自分を悪と思わず、自意識過剰。そんな評価になる。

一方で、言い難い事をはっきり喋る元気の良い人間が高く評価される?

周囲に媚びず真の自分を生きる人間が、裏に隠した優しさを見抜かれてあJFKDDL;Jヵ;;ぁ。

以下は、「女性に好かれる女性、嫌われる女性」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2060.html

誰よりも男性に媚びているのは、あなただと思いますよ。とは言えない。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード