ボーっとしている

今日、考えた事や記憶した事が無くなってしまった。

以下、何となく思い出した事。

①皇帝に似ている
以下、思い出した会話。

A「B君がね、三国志のゲームやってるんだけど、
  そのゲームに出てくる皇帝が我儘ばっかり
  言うんだって。
  で、ゲームをやってる内に、その皇帝の顔が
  アスペ君の顔に見えるようになったんだって」
B「全く分かっていない皇帝で、軍隊を動かせ!とか
  変な事ばっかり言うんだよ」
C「うん。なよっとしてて、
  思うがままにされてしまいそうなんだ」

②大木ボンドに似ている
以下、思い出した会話。

A「妹が大木ボンドにそっくりって言うけど、あれでしょ、
  江川紹子みたいなんでしょ」
僕「違う。もっと太っていて、
  お笑い芸人のようなファッションセンスなんだ」

以下、妹の旦那との会話。

僕「妹のどこが良かったんですか?」
B「いやー、初対面の時から面白い人だと思っていて、
  それで・・・・」

③障害のせい
以下、思い出した会話。

A「君の上司と話したんだけどね、
  君が過呼吸になったのは障害のせいだって言うんだ。
  自分の指導に全く問題は無かったて言うんだ」
僕「そうですか?」
A「で、私が気になっているのは、どうして医者がこんなに
  介入しようとするの?」
僕「普通、こういう事はしないそうです」
A「そうだよね。ねえ、何があったの?」

④障害のせいでない
以下、思い出した会話。

A「発達障害とか言うと、自分はこういう人間だって思って
  努力をしなくなる。お前は障害者じゃない。
  単なるナルシストだ。
  障害者手帳なんて取れるもんか。
  徹底的に追い込んでやる」
B「ねえ。障害者だから出来ないって本当に信じ込んでるの?
  検査結果なんて誰も信じないよ。ナルシストが!」
C「障害者って事にすると、自分のせいじゃないって
  思っちゃう!」

⑤医者との会話
以下、思い出した会話。

A「君の上司と話したんだけどね。駄目だありゃ。
  やり取りを記録してるって知らないから、
  誤魔化せると思って嘘ばかりつく」
僕「はぁ」
A「障害者手帳を勝手に取ったて言うんだ」
僕「はぁ」
A「こうやって医者が立ち会う中で話すのは、あの人を
  省くためだ。あの人は駄目だ」
僕「はぁ」
A「本当に喋らせたいなら、裁判にかけるしかない。
  でも、それやっても良い事何にも無いよ」

*****************

何か忘れているというか、色々な事を同時並行で思い出して考えていて、制御出来なくて気分が悪い。思い出した事を書く事で吐き出していないと気が狂ってしまいそうだ。

理由が分からないけど、何だか物凄く疲れている。何があったんだ?

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード