気が滅入る話と地政学

今日、以下のような事を言われた。

「もう、あいつに構うの止めた方が良いですよ。もっと突き放して厳しくした方が良いです。私、今まで生きてきた中で、あんなに狡賢い奴を見た事無い。アスペさんが甘いから調子に乗るんです」

僕が身体障害者の人と一緒に食事をした事がいけないらしい。そのように言っている人も仕事上での評価が低かったりする。障害者間で助け合うのでなく、変な見下し合いが発生している気がする。

「あいつに任せると、余計に手間がかかるから、もう何も仕事をさせない方が良いです」

あなたも管理職から、同じ様に言われていましたよ。あなたのいない所でですが。こういうのどうすれば良いんだろう?それほど駄目な人間がいるとは思わない。協力して仕事をした方が、効率が良いと思う。

***************

以下は、「マッキンダーの地政学」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-2046.html

以下は、「21世紀の歴史」の記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-703.html

ペロポネソス半島 ⇒ イタリア半島 ⇒ ラテン半島(スペイン、フランス、ドイツ等) ⇒ 世界島というように、岬の概念が拡張した話と、中心都市が移り変わった話は補完関係にあるのかもしれない。

地政学が面白いのは、「国」という概念を超越して、「大陸」や「海」、「地球」という包括的な見方から人類史を考える事が出来るからであると感じる。

より詳細に気候や地勢、遺伝情報の変化等を捉える事が出来れば、数十万年の人類史、数億年の生物史、数十億年の星の歴史を辿る事が出来る。

僕が賢ければ自分なりの方法論を構築するのだけれど、そんなに都合の良い事はないので、他人の考えた物を読んで楽しんでいる。このような人生で良いかもしれない。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード