変化への対応

以下は、『戦争の世界史(上)』から。

18世紀中頃の欧州において、人口増加を軍事に反映させるために以下の変化が発生した事について。

①指揮技術
1772年に刊行された『戦術概論』(ギベール著)では、一個の軍団の上限を7万人としている。兵員数が5万人以上になると望遠鏡やラッパ等による統制は困難。意思伝達方式の改変や地形図の発達が必要になる。

○精確な地図の活用
1750年には、フランス軍において小縮尺の地図が作製される。指揮官が毎日の行軍を地図に基づいて計画可能になる。

⇒地図と計画を用いれば、それまでの実効指揮の上限値の3倍~4倍の規模の軍隊を統制可能とされた。

○「師団」の発明
師団は、自己完結した独立戦闘単位であり、各兵種と支援要員を包括し、単一の指揮官の命令に服する。上限となる規模は1万2000人であり、各師団が上位の司令部が作成した計画に基づいて、別々に行動する。フランス陸軍において師団組織が標準的になったのは、1796年であるらしい。

②補給
大規模な軍隊を遠隔地で運用するためには、後方からの補給が不可欠。

⇒18世紀後半は、欧州において道路や運河に大規模な投資が行われた時代としている。

③組織
官職に対する所有権と官僚的整合性の対立。徴募、任用、昇進を巡る摩擦。

⇒兵員徴募は、傭兵による私的募集でなく、役人による公的行為となった。将校ポストの買官制は徐々に廃止され、昇進ルールは公開され、統一的になった。

⇒官僚制的合理性が軍事行政を支配するようになる。

④社会的制約
中世においては、少数の主権者が組織的暴力を独占されており、国民の大部分は受動的な納税者として軍事から排除されていた。

⇒数理的技能の活用は、伝統的軍隊の強調する騎士的武勇とは相性が悪い。軍人である事の定義自体の揺らぎ。名誉との兼ね合い。

*****************

AERA 2015.9.7 P26~P27 「博士の愛した”ワトソン“」から。

現在の癌研究は、人知を超えた世界に突入した。癌とは、傷ついた遺伝子が誤った信号を出し、細胞増殖が制御不能になる病気。癌患者の遺伝子を調べると、同一人物の中に、様々に改変された遺伝子が存在する事が分かってきた。その数は、数千~数十万ヵ所。
遺伝子変異毎に癌発生の仕組みは異なる。遺伝子変異毎に対応する薬を調べようとすると、Webでアクセス可能な論文は2000万以上であり、2014年は癌関連だけで20万本以上の論文が新たに発表された。膨大な情報は人間の処理能力を超える。

日本IBMワトソン事業部によると、ワトソンを用いれば、医師が数週間かけて行っていた遺伝子変異毎の抗癌剤の選択を最短10分に短縮可能。

計算機械の活用は、希少癌においても行われている。「SCRUM-Japan」というプロジェクト。全国の医療機関と連携し、肺癌と消化管癌の患者の遺伝子を解析して希少癌を見つけ、治験に繋ぐ取り組み。治験では最低20人程度に新薬を試す必要があるため、希少癌の患者を集める目論見。2017年3月までに、全体で4500例を集める予定。

****************

以下は、インターネット上の記事からのコピペ。

インターネット上の世論が強い影響力を持ちつつある事について。

インターネット上で意見が提起され、話題になり、拡散し、「世論」となる例が増えている。仮想世界と現実の境目が融解しつつある。

インターネット利用者の情報収集能力は高いが、真偽を証明出来ない事が多い。集められた情報が納得出来てしまう文脈になって、真として扱われてしまう。

それが「世論」の本質であり、マスコミの流す情報の真偽が疑わしい状況では、インターネット上の文脈の方が納得感を持つ。単純な一方通行的マスコミ世論と違って、反対意見や画像検証など幅広い情報収集が簡単に素早く出来るインターネットの力は大きい。

以下の観点

①ネタの面白さ
情報の真偽よりも面白さが重視される。ネタ化される情報の力は凄まじく、真実味のある”文脈”を生み出す。

②上から目線への注意
仮想世界は異質な人間の集まる場所。理解して貰おうと努める事は、見下しているように捉えられる事がある。相手に、こちら側の常識を理解するインセンティブは無い。

③拡散機としてのマスコミ
発信源としてのマスコミは信用されていないが、広める力は残っている。テレビ局が、インターネット上からネタを集め、幅広く伝える。

政治や政策について大声を上げるネットの住民で作りあげられるのがインターネット上の「世論」。しかし、物言わぬ消費者が圧倒的多数である事は常識。「クレーマー」と「普通のお客」は異なる。声の大きな活動家の意見が、一般市民の意見を上書きしている事を考慮すべき。

⇒インターネット上に、集合的な意見は存在しない。各種の人々の意見が散在し、全体を把握出来ないまま存在し続ける。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード