起業経験について

アダルトサイトを運営している人の書いた本を読んだ。

広告主との交渉やサイトのデザイン、ETCについての経験。自分にとって最も難しいと思ったのは、エロ素材を獲得するために、写真や動画撮影に応じる人間を募集し、被写体を撮影、加工して自らのアダルトサイト上にアップロードする作業だ。

定められた事を定められたように行うように躾けられてきたので、不定形な業務は苦手だ。

****************

理想論としては、障害者向けの訓練は、障害者を一般人に近づける事を目的としてはならないと思う。なまじ訓練が功を奏し、一般人に近づくと問題が大きくなる。

それよりも、本人の特性を周囲に公開し、そうした人間が存在する前提で社会設計するべきと感じる。

会社に適応出来ない人間が、会社員にならなくてはならない事がおかしい。

現実問題としては、どうして良いか分からない。

僕は、来月から障害者の教育担当となるらしい。職場の先輩と方針について少しだけ相談した。基本的には能力向上を目指すのでなく、その人が仕事を出来るようなワークフローを構築する事となる。

発生する矛盾点として、その人が存在する事により、ワークフローに歪みが生じる事。僕が賢ければ、当人の長所を汲み取り、良い処を活かす提言が出来るのだけど、そんな事は出来ない。

悩んでいるのは、僕自身が担当となる障害者に嫌悪感を感じてしまうところ。それは僕が自分自身に感じているものであり、周囲の人間に与えている印象と同一と思っている。

僕自身が役立たずであり、僕の所属している部署がコストセンターであり、さらには会社自体が社会的非効率の象徴と思っている。

こうした事を考えながら生きていく。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード