人間の「心」について

何回も書く話。

以下は、NHKにて2015年1月24日(土)に放送された、「ネクストワールド 私たちの未来 第3回 人間のパワーはどこまで高められるのか」について書いた記事へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-date-20150423.html

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-1762.html

何回も書く事だけれど、寸劇の内容は、以下のようなものである。

○主人公の老人が、街中で人間に似たロボットを見かける
      ↓
○老人はロボットが欲しくなるが、高額で購入出来ない
      ↓
○老人は、自分そっくりのアンドロイドを購入し、暴力によって
 ロボットを盗み出す
      ↓
○老人とロボットが恋愛関係になり結婚する

異様な寸劇である。

作中で老人が、「大切なのは心だ」と言っている。人間が人間の「心」をどのように感じるかが話の核心だと思う。

老人は、ロボットがマネキンとして閉じ込められており、自らの境遇を嘆いているに違いないと感じる。さらに、自分が盗み出す事がロボットを解放する行為であり、助けた自分が好かれると思い込む。

⇒「心」の仮定は理解の放棄
⇒自らと同じように思考するものと思い込む

老人の投影は、ロボットだけでなく、社会システム全体に及ぶ。老人は、強盗行為を行ったのに、逮捕されない。自らが正義をなした事になっており、社会的責任を放棄している。

⇒番組に関するインターネット上の掲示板を読んだが、この部分を
 問題視する意見は少なかった?
 異常な現象だ

さらに、制作者側の差別意識が読み取れる?劇中で、ロボット立ち入り禁止の施設に、ロボットを連れ込もうとするシーンがある。自分の妻であるから、入る権利があるという意見。

⇒制作者が、人種差別の問題と混同している。現実に電子機器持ち込み禁止の施設がある場合、マシントラブルを懸念していると思われる。

⇒「心」の仮定は、自らの思い通りにならない事柄について、
 相手の悪意を想定する
⇒相手の差別感情は、自らの差別感情の投影である

作中で、老人はロボットについて学習しない。メンテナンス要否、維持費用、稼働時間、部品交換、エネルギー補給、ETC。「心」を持っているという事は、相手を理解せず、自らの都合の良いように動くと思い込む事である。

「心」とは、相手が自らと同様に思考・行動する前提で生じる行動理解を短縮する手段である?ならば自己とは何か?

*******************

この寸劇が放映された事が異常事態と思っている。

しかし、同様の現象は至る所で観測されるはず。「心」による人間理解によって生じる問題。

以下は、かなり前にあったコメントへのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-300.html#comment15

かなり失礼な記述になると思う。しかし、書いてみる。コメントをした人間は、「自分が発達障害を理解している」と思い込んでいる。書いている事は間違いだらけだし、書籍や有識者による検証を得ていない意見だ。現実に成果も出していないように思える。

しかし、自分は他人を理解していると確信している。

これは特異な例外事象では無いと思う。発達障害者に限らず、全ての人間が自他の行動原理を「心」によって理解し、予測する。それが有効に機能しない場合でも、「心」の存在は疑われない。

以下も前に書いた記事へのリンク。多くの人間が、発達障害について学習しないのに関わらず、自分は発達障害を理解していると思い込んでしまう不思議な現象について(もちろん僕に理解出来るわけではない)。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-1621.html

*******************

このような意見の問題点は、「ネクストワールド 私たちの未来 第3回 人間のパワーはどこまで高められるのか」と同様に、公権力の存在を無視している事だと思う。

『自分は発達障害について詳しい』

⇒それを「公」に証明出来るだろうか?

『逆に『発達障害者は、○○が出来ない』という事の証明は出来るんですか? 何もチャレンジしない = 向上心がないと判断され易いです』

⇒「逆に『小麦アレルギーの人間は、パンを食べる事が出来ない』という事の証明は出来るんですか?何もチャレンジしない = 向上心がないと判断され易いです」等という意見は、官憲には通用しないはず

⇒確証の無い行為にチャレンジさせるのは、無責任だ

⇒相手に改善を求める場合、
 自らもチャレンジしなくてはいけないと思う

失礼な意見だけれど、仮にコメントをした人達が訴えられた場合、相当に不利な状況に陥るのではないか?自らの正義を外部に証明出来るとは思えない。

*******************

発達障害についての一般論は分からない。しかし、僕に関する限り、多くの人間が「公」に通用しない正義を使用していると思う。

僕は公的に障害者と認定されている。

しかし、僕と関わる人間には、存在しないはずの僕の「心」を感じる。「心」によって僕は理解された事になってしまうし、行動を予測出来る事になってしまい、問題点を改善出来ると思い込まれてしまう。

それが有効に機能しないのに関わらず、「心」は存在する前提で人間社会を規定する。

神々による支配と同様に、心による支配は、まだまだ継続しそうだ。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めて書き込みいたします。
稚拙で暴慢、かつ多分に一方通行の書き込みになることをご容赦ください。

最初に私のことを簡単に断っておきます。
診断は下っていないのですが知能・自閉関連検査済みでアスペルガー寄りの高機能広汎性発達障害疑いの当事者です。
(主治医が発達関係の専門外なので、二次障害に当たる症状を治療中です)

いつも「共感するってどういうことなんだろう」と日々考えながら過ごしています。

多分同じものを見てるんだろうけど、どうも自分の感じていることと相手の言っていることが、相容れない感じがぬぐえず、もやもやと消化不良を起こして言葉に起こせないまま会話が成り立たないことが多いです。私はいわゆる雑談がうまくいきません。

AIについて考察されている部分を拝見して、攻殻機動隊というアニメの自我=ゴーストはどのようにどこに存在するのか、ということに思いを馳せたり、主演俳優の関係で観ようと考えているAI絡みの映画『her/世界でひとつの彼女』を思いうかべました。保留していたのですがあなたの文章を目にして、やはり見てみようと思いました。そこで自分が感じる違和感なり感情なりが他の(いわゆる健常といわれる)閲覧者とどう違うのか少し向き合ってみたいなと考えます。

世間という共同体と自分とのズレがどんなもので、その共同体とそこそこ穏便にやっていくには、私はどんなことが提示できてお互いどんな譲歩が必要なんだろう、と。お互いが分かる日が来るのだろうか?

あなたの公開されている文章に、私の中の何かが反応していることを伝えたいと思い書き込みしました。
プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード