精神とかそんなもの

昨日の続き。

人間が上部構造 = 精神やら文化やらについて考えられるのは、下部構造 = 経済的基盤が確立されているからだとしてみる。極端な空腹時等、生死の境を彷徨う状態で、精神的な思考は不可能?

経済的基盤が確立されている状態とは、現在の空腹が満たされている状態でなく、衣食住が長期間に渡って確保されていると信じる事が出来る状態であるとする。

***********

信じる事は容易い事だ。何かを疑うためには、何かを強く信じなくてはならない。それは無自覚的な前提条件である。心理学の本からは、認識には前提条件が不可欠であると書いてある?

***********

ほとんどの人間は自分が次の瞬間には衣食住が確保出来ない状態になるとは思わない。無自覚的な前提条件を信じており、それが自分の安全を保証していると考える。

そのために前提条件たる社会常識を疑う事が出来ない?

起業の条件が整備され、組織内に適合出来ない人間が多くとも、あらゆる人間が会社員になろうとする。他の手段は疑わしいものとされる。

組織内に迷惑な人間がいると思う人間は多くても、ニートやフリーターを賛美出来る人間は少ないかもしれない。

***********

僕が生きている事で感じる恐怖。それは安全が確保されない事だと思う。それは正常な認識なはず。あらゆる可能性を考慮していけば、何も信じる事が出来ない。

そして信じる事が出来ないという事は、疑っているという事であり、僕は何かを強烈に信じている事になる。僕以上に騙され易い人間は少ない気がする。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード