アントンの話

以下は、『社長がとんでもない女を雇用した…その日から、その女「アントン」は職場を破滅に追いやっていった…オレはこの女に興味が湧いたww』へのリンク。

http://nihonjinnanmin.com/archives/14532836.html

内容は以下の通り?

2002年頃の話?精密機械を設計・製造する会社で営業事務を務めるスレ主の会社に、社長の知り合いの娘であるアントンが入社する。アントンは35歳でデブで顎に特徴がある。トラブルメーカーの彼女が問題を起こし、多くの社員が退社した事でスレ主の会社が倒産した。

以下は、アントンのエピソード。

①匂い
アントンは毎日じゃないけど、1週間に2日は沼みたいな匂いがしてた。一度、凄く臭くて気持ち悪くなって早退した事がありました。
②delete
アントンは『delete』を「デレーテ」って言ってた。 お前が「デレーテ」されれば良いのにと思った。
③煙草
アントンは煙草を吸う時の吸引力が凄かった。怪獣みたいだった。 他の人が同時に煙草を吸い始めても、アントンはいつも優勝してた。

以下は、アントンの問題点。

①業務態度
アントンは、配属先として設計部を希望したがCADが使えない。設計経験も専門知識も無い。雑用であるコピー取りやFAX送信を嫌がる。両面&縮小&拡大コピーが出来ない。エクセル・ワードもぼちぼち。電話応対&敬語が変。 全てにおいてオーバーアクション。一度にコピーを取ればいいのに数回に分けてバタバタ走り回る。電話を取れば耳と肩に受話器を挟んで自分のスケジュール帳?にメモ。

②何故か自慢話
どこの会社にいっても部下から慕われる。いずれは親の会社の経営に携わらなければならないので苦痛。どこで働いても、自分の能力を活かしきれない。とりあえず私はお金持ち。お金に困った事が無い。有名俳優や歌手にプロポーズされた事がある。 今は、3人からプロポーズされている。などなど。

⇒他にも色々あったけど、発達障害系の本に書いてあるエピソードに似ている。

考えさせられたのは、アントンの恋愛エピソード。

アントンが会社内の独身男性を好きになる。「本当にアントンに恋人が出来れば、心落ち着いて良い人になるはず」 、「片思いでも良い。好きな人が側で仕事をしてるだけで落ち着くかもしれない」とかいう考え方によって、周囲の人間がアントンを煽る事になる。アントン恋する乙女大作戦(通称AKO)。

「良く食べる人がタイプらしいです」 と吹き込まれたアントンは大食いを周囲にアピールする。アントンの意中の男性は、自分がアントンから好かれている事を知っているが、気づかない振りをする。「じゃ、アントンと結婚してくれ」と言われると、「無理です。嫌です」と断る。

⇒どんなに醜くても、どれほど性格が悪くても恋愛感情はあるし性欲もある。他人から好かれない人間はどのようにすれば良いのか?

以下は、『発達障害者の取り扱い方について』へのリンク。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-1152.html

かなり前に参加した就労訓練施設の職員向けのセミナーでは、職員の一人が訓練対象の発達障害者を殴ってしまう悩みを相談していた。憎悪から逃れる事は出来ない。

**************

アントンに関する文章を読んでいて『ヒルダよ眠れ』を思い出した。ヒルダは涙に値しないらしい。誰からも嫌われる存在。



憎まれて当然の人間がいる。存在自体が不愉快であるのならどのように生きるのか?

アガサ・クリスティーの『春にして君を離れ』では、内省による自己向上が奨励されている?自己の存在を前提にする限り、そのようになるしかない。それは有効に機能しない。解決策は無い。



****************

僕と一定期間接した人間は、僕から離れたいと思うようになる。人間社会に包まれている事の苦痛。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

仕事ができない、義務をはたさないのに、権利ばかり主張する人は嫌われる傾向にあります。私も「この手の人」は大嫌いです。
プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード