雑感

頭脳労働は機械化し易いが、肉体労働は機械化し難い。計画策定や判断、企画等は過去の事例を調べて定型的に処理出来るかもしれないが、介護や医療等の肉体労働は、対象となる人間の個性や状態が異なるため、定型化し難いとする。

介護や医療において、人手不足が心配されるなら、大勢の人間が仕事をせずに精神や肉体が健康になるような生活をするべきなのかもしれない。

現行の文化が労働や辛苦を尊ぶため、労働に偽装した健康維持や人生開拓が望まれるのだと感じる。既にそれは労働を浸食しているはず。自分は働いていると思っている人間の大半は、実際には社会に貢献していない。

***********

職場の同僚達に、仮に一億円持っていれば何をするか質問すると、今と変わらないと答える人ばかりだった。上司や同僚等との人間関係で悩んでいても、仕事をし続ける。

気付かない内に、多くの仕事が暇潰しの手段になっている。自分の仕事の目的、商品の種類、量、販売期間、将来の展望、ETCの仕事に関する何かを知っている人間は少ないと思う。

あらゆる分野であらゆる行為が細分化されており、全体像を知る人間はいない。

***************

未だに『正義』について考えている。

職場に迷惑な人間がいれば殺したいと思う。それを同じ職場の人間達に吹聴すれば、仲間意識が芽生える。痛めつければ皆の気持ちを代弁した事になる。それは、多くの人間の願望を成就した事になるから?

しかし、それを集団外部の人間達に主張する事は困難。それは、集団外部の広い範囲の人々の願望にそぐわないからか?

『正義』は確かに存在する。何らかの作用をもって、『正義』は僕を縛る。何かが行動を規定している。

僕は、他者からの視線に影響される。引き籠るためには、外部からの接触を遮断する必要がある。外部に自分の力を誇示しようとする。自らが優しい人間であると示そうとする。貢献をアピールしながら、自分の私欲と社会善が、偶然に一致した事にしたがる。

善悪の基準は何か?内観によって結論が出ないなら、誰かが何かを物語るまで待つしかないと思っている。既に回答は用意されているのかもしれない。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード