強迫観念の整理

現在の自分が不安定になっている。根拠は無いが、絶対に正しいと感じる事がある。

以下のコメントについて、どうしてこんなにイラツクんだろう?内容が理解されない事は分かり切った事であり、自分だって何も分かっていない事は知っているはずだ。

http://nonono7.blog12.fc2.com/blog-entry-1653.html#comment300

①周囲の人間の理解
情報を整理するための理論について考えてみる。誰もが、絶対的に正しい事を前提にして情報を整理する。

・性格が原因で出来ない事と、障害が原因で出来ない事があるから難しいんだよ

上記は、数年前の職場の先輩に言われた言葉。当人は、自分が発達障害に関してとても詳しいと思い込んでおり、自分流の修正方法を僕に試した。

・じゃあ、仕事の事とかどうするの?

上記は、彼女が僕に対して試みる解決策に関して異を唱えた結果、言われた言葉。彼女によると、自分の方法論が上手くいかないのは、僕が周囲の人間の事を愚弄しているからであり、僕が心根を改めるよう悔い改めれば改善されるのだそうだ。

後になって精神科医が、僕の問題点を質問したそうだが、無視されたらしい。彼女は自分が正しい事を確信していたが、それは僕が弱者である事が前提になっており、その事に気が付いていない。

僕が職場を去る事になった時、どのように考えたのか?それは本人に質問しても仕方が無い事であり、自分が何をしたかは忘れてしまっていると思う。

そうした事を質問する事自体が無駄な事だと思っている。しかし、本人に対して聞きたくなる。発達障害者だから出来ない事と性格が原因で出来ない事とは何か?それはどのような根拠があって言ったのか?自分の解決策が正しい根拠は何か?

聞いても仕方が無い事だけど、聞きたくなる。それが問題だ。連動して学生時代の事を思い出す。文化祭で同じ斑になったクラスメイトから、殴らせろと言われた事がある。

「俺達の間で波風立つの仕方ないじゃん。お前が気持ち悪いのが気に入らないから殴らせろ」

僕が恐ろしかったのは、その理屈が肯定される事だった。

「俺さ、一年生の時からお前の事嫌いだったの。歩き方とか話し方とか人と違うじゃん。だから気持ち悪かったの。でもそれは個性だから大切にしないといけないと思うようになったんだ。だから、俺は赤がお前の事を殴ったりするのも個性だと思ってるの。両方とも他人を嫌な気にさせているんだからお互い様じゃん」

こうした事は特殊例ではなく、有触れた事だ。善悪が僕には分からない。周囲に存在する人間全てが僕に対して生理的嫌悪感を持っている。だから、僕に対して迫害を加える事は皆の意見を代弁する行為であり、正しい事である。

他人に行っても被害妄想と思われるだろうし、そうした人間達は僕に対する嫌悪感を別の感情に置き換えて理解するのだと思う。

②株式や通貨
暴落や円高が怖い。どちらに動いても良いようにしているはず。株式はそれほど持っていない。通貨はバランスしている。円高方面に備えたポジジョンを構築しているが、さらに円を買いたくなっている。

これは根拠の無い行為であり、危険な事だ。

別に財産を増やす必要は無い。それは分かっている。だから、リスクを取る必要は無い。減らさない事を考えれば良い。そのために既存通貨から別種の財産形態への移行を検討している。

理由は分からないが、何もしない事が難しいように思う。円高が進行した場合、精神的な打撃があると思う。

損失は仕方が無い事であり、当たり前の事だ。

自分の衝動を形成しているものは何だろう?

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

> 周囲の人間の理解
憶測だけど、自分の親や血縁者に命に関わるような敵が居る者と居ない者で価値観が逆転してしまうのではないかと。
要するに、大半の人が何かに依存して生きているので、その地位や居場所を守るためには何だって正当化するし、歯の浮くような綺麗事だって言う。
集団の利益を守るために虐めは正当化されるし、それが集団の利益だと理解されれば抑止力は働かない。

共同体を維持するために必要とされる集団の嘘にタイして異を唱えるのは、居場所が無いゆえに標的にされる者だけ。異を唱えることと標的にされることは「卵が先か鶏が先か」という違いでしかないが、「異を唱えるから悪い」という正当化が発生してしまうこともある、ということ。

世界標準における「公平な正義」は、対立する二者のどちらにも与しない第三者によってもたらされるため、正義の女神テミスは天秤を持っている。
日本の正義は「99人が正義であり1人は孤立しているだけで悪である」というものが多いので、警察や検察もよく世間の空気を読んで証拠や動機における物語を捏造し、むしろ容疑者にそれを強制して容疑者を裁き、刑を執行する。

加藤智大の「解+」という本とか、お勧めです。あの人は人間の無理解というものについて鋭い考察をしていますが、人間が無理解であるがゆえに、おそらくあの本が大きく注目されることは、ないでしょうが。

No title

個人的にはコメントに「イラッと」する要素はありません。

→ 後になって精神科医が、僕の問題点を質問したそうだが、無視されたらしい。彼女は自分が正しい事を確信していたが、それは僕が弱者である事が前提になっており、その事に気が付いていない。

そう決めつけるのはなぜですか?彼女(その方)のなにを理解しているんですか?

他人には「根拠」をもとめるが、自身の考えに根拠はあるんですか?

断定的に「決めつけ」て話されることが多いですね。

イラッとしますよ。

No title

> 「決めつけ」て話されることが多いですね。
「「決めつけ」て話されることが多い」も「決めつけ」と言えなくはないので、相手を「決めつけだ」と言った者勝ちと言ってしまえばそれまで。

おそらくブログ主にとっての「「イラッと」する要素」は以下の部分かと。

>> でもやっぱり、人が恋しい。ということなのでょうかね。
>> 救いはあるのではと。

上記を「決めつけ」「思想の強制」「同調圧力」だと思う人は一定数以上は居るが、それらは押しつける人達によって「被害妄想」「天の邪鬼」「協調性の欠如」として片付けられる。

僕なんかは親に虐待されて育ったけど、それでも「子をやいしていない親なんかいない」とか「親の立派な教育の賜物で今まで生きて来れたんでしょう」とか言われるからなあ。
幼い頃から炊事を押しつけられてたし、親は軽犯罪を日常的にやってたから、「そんなわけないだろう」と今では思えるけど。

善意はイラッとしない、イラッと感じてはならない、というのが決めつけになることもある。

それにしても、文字だけで投稿者の顔がわからないというのは恐ろしい。他人の振りをしても気づかないことも多いし、「どうせ気づかないだろう」と羽目を外す人もたくさん出て来るから。
ま、この手のメタ発言は実行者にだけ釘を刺せればいいので、指摘はこれっきりにしておきます。反論への反論はしない。

No title

「彼女は自分が正しい事を確信していた」とか、「それは僕が弱者である事が前提になっており、その事に気が付いていない。」とか、

他人の内心に関して非常に断定的だという印象をもちました。

何の根拠があるのか?

に対して、「発達障害者だから出来ない事と性格が原因で出来ない事とは何か?それはどのような根拠があって言ったのか?自分の解決策が正しい根拠は何か?」と他人にはその根拠を執拗に求めるのはなぜなのか疑問です。


No title

> 他人にはその根拠を執拗に求めるのはなぜなのか疑問

根拠をブログ主に執拗に求められるのに言った本人に問題が無いと言い切れるのは何故か?
→どうして彼ら彼女らは自分が絶対的に正しいと確信しているのか?

このように読み取れる判断材料は今までの記事に何度も出てきたと思うけれど。

というか、ブログ主の会社の同僚とGAASさんは同じようなタイプで、同じような理由でブログ主をターゲットにしてストレス解消をしているように見える。現実もネットもあまり変わらない現象が起きているのでは、という意味ではとても興味深い。

No title

thorさん

これでストレス解消はできませんよ。

スカッともしない。

なんとなく感じたことを書いただけです。

ただ

「ブログ主の会社の同僚とGAASさんは同じようなタイプで、」と「現実もネットもあまり変わらない現象が起きているのでは、」は、そうかもしれないと思います。
プロフィール

ABCDEFG

Author:ABCDEFG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード